こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞の疑問文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は3人称単数について話しました。3人称単数って何だった

授業を受けている生徒3人称単数は、彼は・彼女は・それはです

授業をしている講師「その通り。3人称単数が主語の時、一般動詞には、何を付けるんだった

授業を受けている生徒「3人称単数が主語の場合には、原則一般動詞にsを付けるということでした」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように原則は、一般動詞にsを付けるよね。sh・chの場合には、どうなるんだった

授業を受けている生徒「sh・chにesを付けることになります」

授業をしている講師「それでは、子音+yの時は、どうだった

授業を受けている生徒「子音+yの時には、yをiに変えて、esを付けます」

授業をしている講師「その通り。では、子音とは何かな

授業を受けている生徒「確かa,i,u,e,o以外かな」

授業をしている講師「その通り。子音とは、a,i,u,e,o以外のことだよね。よく復習しているね」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「はい」

授業を受けている生徒今回は、be動詞の疑問文について話して行くね。日本語で疑問文にするには、どうすれば良いのかな」

授業を受けている生徒「日本語では文末にかを付けます」

授業をしている講師「そうだね。英語でも文末に?を付ければ良いだけなのかというと、そうではないんだよ。実はbe動詞を文頭に持って来るんだよ。つまり、Be動詞+主語+~?ということになる

授業を受けている生徒「意外と簡単だね」

授業をしている講師「言ったね。He is a student.を疑問文にしてみて

授業を受けている生徒isがあるから、be動詞はisということになる。be動詞の疑問文は文頭にbe動詞を持って来て、文頭に?を付けることでできるから、Is he a student?かな

授業をしている講師「その通り。授業を受けている生徒が考えたように面倒でも特に最初のうちは、どうしてその答えになるのかを考えながら、問題を解くことが大切になる。どうしてその答えになるのかを考えながら、問題を解くことで、インプット・アウトプットの回数も普通に勉強しているよりも多くなり、知識も定着しやすくなるんだよ」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「英語で疑問文に対する答えは、はい・いいえではないんだよね。Yes,主語+be動詞.No,主語+be動詞 not.になる。さっきのIs he a student?に対する答えを英語で答えてみて

授業を受けている生徒Yes,he is.No,he isn't.になります

授業をしている講師「その通り。be動詞+notは、isn'tのように短縮することもできる。つまり、be動詞の疑問文は、be動詞を使って答えてあげるということになる。理解できたかな」

授業を受けている生徒「はい。できました」

授業をしている講師「今回は、be動詞の疑問文について話しました。次回は、be動詞の否定文について話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の疑問文について>
肯定文 主語+be動詞+~.

疑問文→Be動詞+主語+~?

はい→Yes,主語+be動詞.

いいえ→No,主語+be動詞 not.

逆転英語5

▼▼▼関連記事です





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。