こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「仮定法」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は文型について話しました。文型には5つの種類があったよね。5つの文型は何だったかな。

「まず1つ目は、主語動詞.の第1文型。2つ目は、主語+動詞+補語.の第2文型。3つ目は、主語+動詞+目的語.の第3文型。4つ目は、主語+動詞+目的語目的語.の第4文型。最後5つ目は、主語+動詞+目的語補語.の第5文型」

 「正解。それでは、第2文型と第3文型の違い。第4文型と第5文型の違いは何だったかな。

「第2文型と第3文型の違いは、主語補語と言えるか。第4文型と第5文型の違いは、目的語補語と言えるか」

 「正解。それでは、He gave me a present.は何文型かな。

「文を見ると、主語がhe。動詞がgaveだと分かる。hemeと言うことができない。なので、第3文型・第4文型・第5文型が候補になる。meとa presentもとは言えない。なので、主語+動詞+目的語目的語.の第4文型だと分かる」

 「正解。文型で迷った時には、まずは候補を考え、少しずつ絞り込んで行くと読み違えにくいよね

 ▼関連記事



「はい」

 「今回は仮定法について話します。仮定法とは、日本語で言うと、もし~ならばなんだよ。実際はAということが起きているけど、仮にBということが起きていたらということについて表したい時に使うんだよ。仮定法にも過去・現在・完了・未来がある。しかし、仮定法の基本を押さえておくことで、仮定法で慌てることななくなるんだよ。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「仮定法の基本は、If+主語+動詞,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~.なんだよ。以前、助動詞について講義した時には、助動詞の過去形について話さなかった。ここで簡単に助動詞の過去形を紹介しておくね。willの過去形は、would。canの過去形は、could。mayの過去形は、might仮定法で助動詞の過去形を使うので、押さえておいてね

 ▼関連記事



「はい」

 「それでは、私はたくさんお金を持っていたら、私は新しい本を買うのになあを英作文にすると、どうなるかな。

「文を見ると、たらとあるので、仮定法だと分かる。1文を2文にすると、私はたくさんお金を持っていた。私は新しい本を買うとなる。1文目の主語は私は。動詞は持つだと分かる。過去・現在・完了を確認すると、過去だと分かる。ここまで英作文にすると、I had a lot of money。2文目の主語は私は。動詞は買うだと分かる。ここまで英作文にすると、I buy a new book。今回は仮定法を使った英作文だった。仮定法は、If+主語+動詞,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~.だった。なので、正解はIf I had a lot of money,I would buy a new book.が正解」

 「正解。仮定法の英作文も関係代名詞の英作文と同じようにまずは2文にし、考えるとケアレスミスが無くなる。しっかりと復習しているね。

「はい」

 「今回は仮定法について話しました。次回は仮定法の例外について話します。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<仮定法の基本について>
If+主語+動詞,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~.

<助動詞の過去形について>
・will→would

・can→could

・may→might

仮定法について話している人

▼▼▼関連記事





▼10分間の音声講義で確認できます



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

逆転英語紙面講義を持ち運び、スキマ時間に英語の基礎力を身に付けませんか。



第71講のみでも購入できます。