こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「動名詞」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回は過去完了形の否定文について話しました。過去完了形の否定文は、どのように作れば良かったかな。

「過去完了形の否定文は、現在完了形の否定文と同じように考え、hadの後ろにnotを入れれば良いです」

 「その通り。つまり、過去完了形の否定文は、主語+hadn't+動詞の過去分詞+~.。それでは、She washes a car.を過去完了形の肯定文・疑問文・否定文にすると、どうなるかな。

「過去完了形の肯定文は、had+過去分詞にするので、She had washed a car.。過去完了形の疑問文は、hadを文頭に持って来るので、Had she washed a car?Yes,she had.No,she hadn't.。過去完了形の否定文は、hadの後ろにnotを入れれば良かったので、She hadn't washed a car.

 ▼関連記事







 「正解。よく復習できているね。今回は、動名詞について話します。動名詞と言っても難しく考える必要はないんだよ。動名詞は、動詞にingを付けることは現在進行形・過去進行形と共通しているんだよ

「そうなんだ。動名詞と聞いたから、もっと難しいことだと思っていた」

 「そうだよね。動名詞には3つの使い方がある。まず1つ目は、動詞ing+動詞+~.の主語として使う方法。2つ目は、主語+動詞+動詞ing.の動詞の目的語として使う方法。最後3つ目は、主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.のように前置詞の目的語として使う方法。例えば、英語を勉強することは、大切ですという日本語を英作文する問題が出て来た時には、主語と動詞をまず確認する。主語と動詞は何かな。

「主語は、英語を勉強することは。動詞はです

 「そうだよね。英語を勉強することと大切は=の関係になっているかな。

英語を勉強すること=大切の関係になっている

 「英語を勉強すること=大切の関係になっているということは、動詞はbe動詞と一般動詞のどちらを使うことになるかな。

「主語と~が=の関係の時には、be動詞を使うので、be動詞を使う

 「そうだよね。ここまでで動詞は、isを使うところまで分かった。英語を勉強することはをどのように表すのか。そこで今回勉強している動名詞を使うことになるんだよ。英語を勉強することの文の中で、動詞は何かな。

「動詞は、勉強する

 「その通り。まず、英語を勉強するを英作文で作ってあげるとどうなるかな。

study English

 「その通り。一文で動詞を2つ使いたい場合には、どうすれば良かったかな。

「一文で動詞を2つ使いたい場合には、動詞にingを付ければ良かった

 「そうだよね。そうすると、今回はstudyとisのどちらを動詞ingにすれば良いかな。

「study Englishが動名詞の主語として使われているので、studyをstudyingにする」

 「その通り。そうすると、動名詞を主語で使う時には、動詞ing+動詞+~.ことだったことを思い出すと、どうなるかな。

Studying English is important.かな

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい。英作文の復習をしながら、動名詞を勉強するのは少しだけ大変だった。しかし、英作文はできるようにならないといけないので、良いきっかけだったかな」

 「そうだよね。今回は、動名詞の肯定文について話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、動名詞の疑問文について話します。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<動名詞の3つの使い方について>
・主語→動詞ing+動詞+~.

・動詞の目的語→主語+動詞+動詞ing.

・前置詞の目的語→主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.

動名詞の3つの使い方について話している人

▼▼▼関連記事







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第37講のみでも購入できます。