こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞の種類」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は動詞の種類について話しました。動詞には何種類あるんだったけ

授業を受けている生徒動詞には2種類ありました。1つは、存在を表すbe動詞。もう1つは、人の動作などを表す一般動詞です

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように動詞にはbe動詞と一般動詞の2種類がある。be動詞を使った日本語を話してみて

授業を受けている生徒「私はトムですですか」

授業をしている講師「そうだね。私=トムを表す日本語になっているよね。一般動詞ではどうかな

授業を受けている生徒「一般動詞は、人の動作を表す動詞だから、私は英語を勉強しているかな」

授業をしている講師「そうだね。勉強するは、人の動作を表す動詞だよね。流石だね」

授業を受けている生徒「それ程でもありません」

 ▼関連記事です



授業をしている講師今回は、be動詞には実は、3種類あることについて話して行きます。be動詞は、am,is,areの3種類あるんだよ。am,is,areをどう使い分けるか分かるかな」

授業を受けている生徒「分かりません」

授業をしている講師amは、私はが主語の時に使うbe動詞なんだよ。areは、あなた・複数が主語の時に使うbe動詞なんだよ。isは、私以外の複数ではない主語の時に使うbe動詞なんだよ。私以外の複数ではない主語とは、何が思い浮かぶかな」

授業を受けている生徒「うーん。彼はかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように彼は・彼女はなどの時には、be動詞はisを使うことになる。大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「質問するね。be動詞areを使う時には、どんな時かな」

授業を受けている生徒be動詞areを使う時には、主語があなた・複数の時かな

授業をしている講師「その通り。それではamを使う時は、どんな時かな

授業を受けている生徒amを使う時には、主語が私はの時かな

授業をしている講師「その通り。今回のbe動詞には3種類あることについても今後、とても大切になるからしっかりと理解しておいてね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師次回は、be動詞と一般動詞の使い分けについて話すことにします。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の使い分けについて>
・私は→am

・あなたは・複数→are

・私は・複数以外→is

逆転英語5

▼▼▼関連記事です





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。