こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞の過去形」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 
「早速だけど、前回は助動詞must,shouldについて話しました。must,shouldの使い方は、どうだったかな。

「mustは断定・義務の2つの使い方がありました。shouldは義務の使い方がありました」

 「そうだね。mustは話し手が命令する時に使うんだったよね。それでは必要性がある時には、どうすれば良かったんだっけ。

「必要性がある場合には、have toを使うことになります」

 「そうだね。それではHe helps her.をhave toを使った文についてくれるかな。

「have toは主語の後ろに入れ、動詞は原形に戻してあげれば良いです。主語が三人称単数なので、haveをhasにします。なので、He has to help her.です

 「正解。前回は間違えたけど、今回はできたね。しっかりと復習しているね。must,have to,shouldの強さについても話したよね。must,have to,shouldの強さはどうだったかな。

should<have to<mustです」

 ▼関連記事です



 「正解。それでは、今回はbe動詞の過去形について話します。過去形と聞いて何かイメージできないかな。

「過去形というくらいだから過去を表す時に使うのかな」

 「その通り。be動詞の過去形は2種類あるんだよ。1つはwas。もう1つはwere

「どのように使い分けるの」

 「is,amの過去形がwas。areの過去形がwereなんだよ。それでは、I am a doctor.を過去形にすると、どうなるかな。

文を見ると、be動詞はamなので、wasにします。なので、I was a doctor.です

 「正解。文を見てあげ、be動詞を探す。そして今回はamがbe動詞なので、amの過去形はwasだ。なので、I was a doctor.になるよね。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回はbe動詞の過去形の肯定文について話しました。次回はbe動詞の過去形の疑問文について話すね。be動詞について復習しておいてね。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の過去形について>
・is,am→was

・are→were

<be動詞の過去形について>
現在形 主語+be動詞+~.

過去形→主語+be動詞の過去形+~.

be動詞の過去形の肯定文について話している人

▼▼▼関連記事です



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第22講のみでも購入できます。