こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「動詞」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、動詞とは、何か知っているかな」

授業を受けている生徒「うーん。良く分からないけど、動くことが関係あるのかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように動詞とは、人の行動などを表す言葉なんだよ。しかし、動詞は人の行動などを表す言葉だけではなく、存在を表す時にも使われるんだよ

授業を受けている生徒「存在を表す時って、どういうこと」

授業をしている講師存在を表すとは、私は、トムですのように私=トムのように使われる。ここに私のペンがありますのようにありますのように使われるんだよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「人の行動をなどを表す言葉は、何かな」

授業を受けている生徒「行動することだから、話す。食べる。飲む。寝る。勉強するなどかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように、話す・食べる・飲む・寝る・勉強するなどが人の行動などを表す言葉になる。ここまでの話で何か気が付かないかな」

授業を受けている生徒「うーん。もしかして、動詞には2種類あるということかな

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように、動詞には、人の行動などを表す動詞。存在などを表す動詞の2種類あるんだよ。人の行動をなどを表す動詞を一般動詞。存在などを表す動詞をbe動詞と言うんだよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「もし一般動詞とbe動詞の違いが分からなくなった場合には、人の行動などを表す動詞は一般動詞。それ以外の動詞はbe動詞と押さえておけば大丈夫だよ」

授業を受けている生徒「確かに人の行動などを表す動詞は一般動詞。それ以外の動詞はbe動詞と押さえておいた方が楽だよね」

授業をしている講師「今回は、初回なのでここまでにします。次回はbe動詞の種類について話すことにします。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
・人の行動などを表す動詞→一般動詞

・それ以外の動詞→be動詞

逆転英語5

▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

第1講のみでも購入できます。



動画でも学習できます。