こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「過去進行形の肯定文×長文でも/で区切ることで理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度大学入試共通テスト】
A couple of weeks ago,I was hiking with my dog on a mountain when something unexpected happened and I lost sight of him.


「英文を見ると、was hikingと書かれている。なので、今回の英文で勉強できる英文法は、過去進行形の肯定文だと分かる」

 「正解。過去進行形の肯定文は、どのように作れば良かったかな。

「過去進行形の肯定文の文の形は、主語+be動詞の過去形+動詞ing+~.

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、もう1つしないといけないことがあるけど、何か分かるかな。

「英文を見ると、1文が長いので、2文にする必要がある

 「おしい。英文の何処で区切れば良いかな。

「区切る場所は、whenの前後で区切れば良い」

 「どうしてwhenの前後で区切れば良いのかな。

「whenの前後で区切る理由は、when以降でどんな時なのかについて説明しているから

 「正解。つまり、,I was hiking with my dog on a mountain /when something unexpected happened and I lost sight of him.。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、過去進行形の肯定文×長文でも/で区切ることで理解できますについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<過去進行形の肯定文について>
主語+be動詞の過去形動詞ing+~.

過去進行形の肯定文の作り方について話している人

▼追伸
「試験科目に英語さえなければ」と思っているあなたへ



▼追伸
受験情報が多過ぎて何をして良いのか分からないあなたへ



第18講のみでも購入できます。