こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「happenedの前に入れる選択肢をitとwhatで迷ってもthatを見ることで正解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度大学入試共通テスト】
When Ayano came to my house,() happened that nobody was at home.

1.it 2.something 3.there 4.what

「英文を見ると、()の後ろには一般動詞があることが分かる。happenedの後ろを見ると、that nobody wasと書かれている。なので、今回の英文は、itとwhatの違いについての問題だと分かる」

 「正解。itとwhatの違いは何かな。

「()にitを入れる場合には、happens that+主語+動詞+~.。()にwhatを入れる場合には、happened was+~.となる」

 「正解。今回の英文の()を考える場合には、()以下の文の形を押さえることが必要になる。英文の()問題を感覚的に解いている生徒は、今回の問題を見た瞬間、英文の意味を考える。しかし、空欄問題の解き方を押さえている生徒は、英文を見た後、選択肢を確認し、選択肢を絞る。英文の意味で問題を解いた生徒は、今回の問題は正解できず、英文の意味で問題を解かなかった生徒は、今回の問題は正解できた

「確かに空欄問題を解く時には、英文の意味を考えたくなる。しかし、最初に英文の意味を考えた場合、自分で問題を難しくしていることになるよね」

 「そういうこと。なので、空欄問題を解く時には、英文の意味ではなく、英文の形を押さえることが必要なんだよ

「はい」

 「今回は、happenedの前に入れる選択肢をitとwhatで迷ってもthatを見ることで正解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<itとwhatの違いについて>
it→happens that+主語+動詞+~.

what→happened was+~.

itとwhatの違いについて話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
問題が丸っきり正解できないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。



第15講のみでも購入できます。