こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞の疑問文×一般動詞の否定文の問題でも分解することで理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度大学共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2021年度大学共通テスト】
Are you sure you don’t have it with you?


「今回の英文を見ると、be動詞が文頭に来ているので、be動詞の疑問文の文だと分かる。また英文後半を見ると、don’t haveと書かれているので、一般動詞の否定文の文だと分かる」

 「おしい。実は、今回の英文では、もう1つ隠されていることがある。今回の英文で隠されていることが何か分かるかな。

「うーん。Are you sure you don’t haveを分解すると、動詞+主語+~+主語+動詞となっている。なので、1文に主語・動詞が2つあることになる。1文に主語・動詞を2つ使うために接続詞のような英文法を使っているということかな。1文に主語・動詞を2つ使うために使われ、省略されることがあるのは、that。なので、今回の英文は、sureとyouの間にthatが省略されているのかな」

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、sureとyouの間にthatが省略されていることに気が付くことが必要なんだよ。なので、今回の英文では、3つの英文法を押さえておくことが前提にある。まず1つ目は、be動詞の疑問文。2つ目は、一般動詞の否定文。最後3つ目は、thatの省略の3つの英文法を押さえておくことが前提にある。be動詞の疑問文は、どのように作れば良かったかな。

「be動詞の疑問文は、be動詞を文頭に持って来れば良かった。疑問文に対する答え方は、be動詞で聞かれている時には、be動詞を使って答えれば良かった」

 「正解。一般動詞の否定文は、どのように作れば良かったかな。

「一般動詞の否定文は、主語の後ろにdon'tもしくはdoesn'tを置き、一般動詞を原形にすれば良かった」

 「doesを使う時は、どんな時だったかな。

「doesを使う時は、主語が三人称単数の時に使う」

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、be動詞の疑問文×一般動詞の否定文の問題でも分解することで理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の疑問文について>
肯定文 主語+be動詞+~.

疑問文→Be動詞+主語+~?

はい→Yes,主語+be動詞.

いいえ→No,主語+be動詞 not.

<一般動詞の否定文について>
肯定文 主語+一般動詞+~.

否定文→主語+do(does)+not一般動詞の原形+~.

be動詞の疑問文と一般動詞の否定文について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。



第7講のみでも購入できます。