こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「文型を押さえることで文構造が少しだけ複雑な英文でも理解できます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度大学共通テストに出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2021年度大学共通テスト】
In fact,young people say ”Sweet!” to mean something is “good” in English.

「文を見ると、文頭が長いので、どうして良いのか分からない」

 「そうだよね。今回の英文のように少し長い英文は、1文で内容を理解しないことが大切なんだよ。1文で内容を理解せずに自分で理解できるように文に/を入れ、分解する。/を入れ、文を分解することで、主語・動詞を正しく押さえることができ、英文を正しく理解できるようになる

「確かに少しだけ長い英文は、1文の長さに圧倒され、主語・動詞を押さえることができない」

 「今回の英文では、In fact,young people say/ ”Sweet!” to mean something is “good” in English.とすることで、まずは前半の英文を押さえ、次に後半の英文を押さえ、そして最後に前半の英文と後半の英文を総合し押さえる。3段階で英文を押さえることで、英文を正しく押さえることができる」

「なるほど」

 「今回の英文では、文型についてしっかりと押さえることができている人と文型についてしっかりと押さえることができていない人では英文の内容を正しく理解するにかかる時間に大きな差が出る。英文の後半”Sweet!” to mean something is “good” in Englishの文型を押さえることができることで、落ち着いて英文を理解することができる。英文の後半は、何文型になるかな。

「文型には、5文型あった。主語=~と言うことができる時には、第2文型だと考えることができる。今回の英文で考えると、主語=~と言うことができる。なので、第2文型」

 「正解。英文読解問題を解く時には、模試・過去問を解いている時以外にも文型をしっかりと意識しながら勉強することで、入試本番でも慌てることがなくなる

「はい」

 「今回は、文型を押さえることで文構造が少しだけ複雑な英文でも理解できますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

文型について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。



第6講のみでも購入できます。