こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「接続詞×whyを使っている英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2019年度大学入試共通テストに出題された英文を読み、文構造を考えてくれるかな

【2019年度大学入試共通テスト】
My father loves his garden,but at that time I didn’t understand why working in the dirtexcited him so much.


「英文を見ると、whyがある。なので、whyに気を付けながら、英文の文構造を考える必要があると分かる。またbutは、逆接の接続詞なので、but以下はbutまでの英文とのことの内容について書かれていると予想することができる。英文の前半の文構造を考える。主語はMy father。動詞はloves。目的語はhis gardenだと分かる。英文の後半の文構造を考える。主語はI。動詞はdidn’t understandだと分かる。whyは原因・理由を表す時に使うことができた。なので、why以下の英文は原因・理由について書かれていると分かる。why以下の英文が何について説明しているのかを考える。why以下の英文はどうしてdidn’t understandになったのかについて書かれている。なので、why working in the dirtexcited him so muchは目的語だと分かる。つまり、今回の英文の文構造は、主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

 「正解。今回の英文を正しく理解するには、が言った通り、butとwhyの2つを押さえることが必要になる。英文の骨組みを押さえることで英文を理解することができる。なので、英文にあなたが知らないことが出て来た場合でも、英文の骨組みを押さえることで英文の内容を理解することができる

「はい」

 「今回は、接続詞×whyを使っている英文の文構造を押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文の文構造について>
主語+動詞+目的語+主語+動詞+目的語.

接続詞×whyを使っている英文の文構造について話している人

▼追伸
今年の夏から受験勉強を始めるあなたへ



第34講のみでも購入できます。