こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「対話問題に助動詞の並び変え問題が出て来ても基本を押さえることで解けます」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度千葉県公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度千葉県公立高校入試・前期】
A:Andy is late.What should we do?

B:We(アwait イto ウhave エfor オdon’t) him.Don’t worry.He’ll catch the next train.


「英文を見ると、willがある。なので、助動詞の文だと分かる。また選択肢にhave・toがある。なので、have toについての知識も必要だと分かる」

 「正解。助動詞の文は、どのように作れば良かったかな。

「助動詞の文は、主語+助動詞+動詞の原形+~.と作れば良かった」

 「正解。have toと言い換えができた助動詞があった。have toと言い換えができる助動詞は何だったかな。

「have toと言い換えができる助動詞は、must

 「そうだよね。have toとmustの違いは、何だったかな。

「have toとmustの違いは、have toは必要性を表したい時に使う。mustは、話し手が命令することを表したい時に使う」

 「正解。have toの疑問文・否定文は、どうすれば良かったかな。

「have toの疑問文・否定文は、一般動詞の疑問文・否定文と同じように作れば良かった」

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、対話問題に助動詞の並び変え問題が出て来ても基本を押さえることで解けますについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<助動詞の文の作り方について>
肯定文→主語+助動詞動詞の原形+~.

<mustとhave toの使い分けについて>
・must→話し手が命令

・have to→必要性

助動詞の文の作り方について話している人

▼追伸
令和3年以降志望校を譲れないあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

1か月660円(税込み)で英語力を身に付けるアウトプット・インプットをし、英語の基礎力を身に付けませんか。