生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。分からない項目のみ勉強しただけでも基礎力・解答力が身に付く。講座・コースで勉強した場合、体系的に基礎力・解答力が身に付く。毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

カテゴリ:逆転英語過去問講座 > 千葉県公立高校入試の英語問題解説

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2021年度千葉県公立高校入試問題【5(2)】を解説する」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2021年度千葉県公立高校入試問題【5(2)】を読み、解答を考えてくれるかな

【2021年度千葉県公立高校入試問題【5(2)】】
A:I heard that tomorrow will be the (hot) day of this month.

B:Wow!I don’t like hot days.


授業を受けている生徒「英文を見ると、the (hot) day of this monthと書かれている。なので、比較の最上級に変形する問題だと分かる。比較の最上級の作り方は、the+形容詞+estだった。なので、I heard that tomorrow will be the hottest day of this month.となる」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回の問題を正しく解くことができたのか。それとも正しく解くことができなかったのかの分かれ目は、比較の最上級の英文にすると判断することができたかだよ。今回の問題に正解することができた受験生は、the (hot) day of this monthを見た瞬間、(hot)を比較の最上級に変形すれば良いと判断することができた

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2021年度千葉県公立高校入試問題【5(2)】を解説するについて話しました。あなたが今回の問題の正解になる理由まで説明できない場合には、比較の勉強をし直してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の問題の正解について>
I heard that tomorrow will be the hottest day of this month.

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「助動詞の文の作り方・must・have toの違いを使い、2020年度千葉県公立高校入試問題を解く」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度千葉県公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度千葉県公立高校入試・前期】
A:Andy is late.What should we do?

B:We(アwait イto ウhave エfor オdon’t) him.Don’t worry.He’ll catch the next train.


授業を受けている生徒「英文を見ると、willがある。なので、助動詞の文だと分かる。また選択肢にhave・toがある。なので、have toについての知識も必要だと分かる」

授業をしている講師「正解。助動詞の文は、どのように作れば良かったかな

授業を受けている生徒「助動詞の文は、主語+助動詞+動詞の原形+~.と作れば良かった」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。have toと言い換えができた助動詞があった。have toと言い換えができる助動詞は何だったかな

授業を受けている生徒「have toと言い換えができる助動詞は、must

授業をしている講師「そうだよね。have toとmustの違いは、何だったかな

授業を受けている生徒「have toとmustの違いは、have toは必要性を表したい時に使う。mustは、話し手が命令することを表したい時に使う」

授業をしている講師「正解。have toの疑問文・否定文は、どうすれば良かったかな

授業を受けている生徒「have toの疑問文・否定文は、一般動詞の疑問文・否定文と同じように作れば良かった」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、助動詞の文の作り方・must・have toの違いを使い、2020年度千葉県公立高校入試問題を解くについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<助動詞の文の作り方について>
肯定文→主語+助動詞動詞の原形+~.

<mustとhave toの使い分けについて>
・must→話し手が命令

・have to→必要性

逆転英語5




↑このページのトップヘ