こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「6種類の接続詞を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、接続詞の文の型を押さえるについて話しました。接続詞の文の型は、どのような型だったかな

授業を受けている生徒「接続詞の文の型は、文A.+接続詞+文B.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、She wanted to go to travel. But she didn't go to travel.を考える。She wanted to go to travel. But she didn't go to travel.の接続詞は、どれかな

授業を受けている生徒「英語の接続詞の文の型は、文A.+接続詞+文B.だった。なので、接続詞は、But



授業をしている講師「正解。今回は、6種類の接続詞を押さえるについて話します。早速だけど、英語の接続詞の種類は、何種類あるか分かるかな

授業を受けている生徒「現代文で接続詞の種類を勉強した時、接続詞の種類は、6種類だった英語も言語なので、接続詞の種類は、6種類かな



授業をしている講師「正解。6種類の接続詞は、何かな

授業を受けている生徒「まず1つ目は、理由+接続詞+結果の型を取る順接。2つ目は、+(ー)+接続詞+ー(+)の型を取る逆接。3つ目は、A1+接続詞+A2の型を取る並立。4つ目は、A+接続詞+Bの型を取る説明・補足。5つ目は、A1+接続詞+A2の型を取る対比・選択。最後6つ目は、A+接続詞+Bの型を取る転換の6種類ある」

授業をしている講師「そうだよね。例えば、She wanted to go to travel. But she didn't go to travel.で使われている接続詞の種類は、どれかな

授業を受けている生徒「She wanted to go to travel. But she didn't go to travel.は、+(ー)+接続詞+ー(+)の型になっている。なので、使われている接続詞の種類は、逆接

授業をしている講師「正解。接続詞の勉強をした人と「英語と現代文は、違う科目だ」「接続詞は勉強しても何も変わらない」と思い、接続詞の勉強をしない人とでは、大きな差がつく。なので、接続詞の種類も押さえてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、6種類の接続詞を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、指示語の文の型を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<接続詞の種類について>
順接→理由+接続詞+結果

逆接→+(ー)+接続詞+ー(+)

並立→A1+接続詞+A2

説明・補足→A+接続詞+B

対比・選択→A1+接続詞+A2

転換→A+接続詞+B

受験対策をしている人