こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング試験のパターンを押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、リスニング問題の解き方を押さえるについて話しました。リスニング問題のパターンは、何パターンあったかな

授業を受けている生徒「リスニング問題のパターンは、2パターンある。1つは、内容理解問題。もう1つは、英単語記述問題

授業をしている講師「そうだよね。リスニング問題を解く時、意識することについても話しました。リスニング問題を解く時、意識することは、何だったかな

授業を受けている生徒「リスニング問題を解く時、意識することは、4つあった。1つ目は、リスニング試験の時間前にリスニング問題に目を通していること。2つ目は、リスニング試験時間の5分前までにリスニング問題以外の問題を区切が良い問題まで解き終えておくこと。3つ目は、リスニング試験中、メモを取らないこと。4つ目は、放送を完璧に聞き取ろうとしないこと



授業をしている講師「正解。今回は、スピーキング試験のパターンを押さえるについて話します。早速だけど、スピーキング試験のパターンは、何パターンあるか分かるかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験のパターンは、2パターンある。1つは、英文音読。もう1つは、設問返答

授業をしている講師「残念ながら、スピーキング試験のパターンは、英文音読・設問返答だけではない。英文音読・設問返答以外に3つある。1つ目は、事実説明。2つ目は、意見を話す。3つ目は、意見と理由を話す

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師スピーキング試験は、筆記試験で出題されていることと殆ど同じことを文書ではなく、口頭で答える試験だよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師スピーキング試験の対策は、どのようにしているかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験の対策は、英文音読をしているかな」

授業をしている講師どうしてスピーキング試験の対策として英文音読をしているのかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験の対策として英文音読をしている理由は、特にない」

授業をしている講師「そうだよね。英文音読をしているだけではスピーキング試験で得点を積み上げることはできない

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師英文音読をしているだけではスピーキング試験で得点を積み上げることはできない理由は、スピーキング試験で出題者が把握したい能力は、英語の知識だけではないからだよ。スピーキング試験で出題者が把握したい能力は、英語の知識以外に何か分かるかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験で出題者が把握したい能力は、英語の知識以外に筋道を立て、説明する能力かな

授業をしている講師どうしてスピーキング試験で出題者が把握したい能力は、英語の知識以外に筋道を立て、説明する能力だと考えたのかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験で出題者が把握したい能力は、英語の知識以外に筋道を立て、説明する能力と考えた理由は、スピーキング試験のパターンの中に事実説明・意見を話す・意見と理由を話すパターンがあるからかな

授業をしている講師「そうだよね。英文音読以外にスピーキング試験の対策として何をしておくことが必要かな

授業を受けている生徒「英文音読以外にスピーキング試験の対策として必要なことは、国語の基礎力を身に付けておくことかな

授業をしている講師「そうだよね。英語と国語は、別科目だと考えている人は、スピーキング試験の対策として必要なことの中に国語の基礎力を身に付けておくことがあることを分からず、スピーキング試験で点数を積み上げることができない



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師英文音読・国語の基礎力を身に付けておくこと以外にスピーキング試験の対策として必要なことは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。英文音読・国語の基礎力を身に付けておくこと以外にスピーキング試験の対策として必要なことは、型かな



授業をしている講師「そうだよね。型を身に付けておくことで、落ち着いてスピーキング試験を受けることができ、点数を積み上げることができる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師リスニング試験の対策は、何かしているかな

授業を受けている生徒「リスニング試験の対策は、英文の音声を聞いているかな」

授業をしている講師「そうだよね。実は、スピーキング試験の対策は、リスニング試験の対策にもなる。なので、リスニング試験の対策よりもスピーキング試験の対策を優先的に行ってね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師スピーキング試験の点数は、何割を取りたいと考えているかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験の点数は、9割は取りたいです」

授業をしている講師「そうだよね。しかし、スピーキング試験で点数を積み上げる前提には、「スピーキング試験の点数は、9割は取りたい」と思わないことが必要なんだよ。どうしてスピーキング試験で点数を積み上げる前提には、「スピーキング試験の点数は、9割は取りたい」と思わないことが必要なのか分かるかな

授業を受けている生徒「スピーキング試験で点数を積み上げる前提には、「スピーキング試験の点数は、9割は取りたい」と思わないことが必要な理由は、スピーキング試験で緊張をしないためかな

授業をしている講師「そうだよね。「スピーキング試験は、落ち着いて受けることで、点数を積み立てることができる」と思い、スピーキング試験を受けることで、緊張をせず、点数を積み上げることができる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回が基礎英語の講義は、最後になる。なので、これまで基礎英語の講義で勉強したことをもとに今後は、英語の問題を使い、身につけて欲しい」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、スピーキング試験のパターンを押さえるについて話しました。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<スピーキング試験のパターンについて>
英文音読

設問返答

事実説明

意見を話す

意見と理由を話す

<スピーキング試験の対策について>
英文音読

国語の基礎力を身に付けておくこと



<スピーキング試験で点数を積み上げる前提について>
「スピーキング試験の点数は、9割は取りたい」と思わないこと

受験対策をしている人