こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「言い換えを押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、倒置法を押さえるについて話しました。倒置法の倒置とは何だったかな

授業を受けている生徒「倒置とは、言語において通常の語順を変更させること

授業をしている講師「そうだよね。倒置法の種類は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「倒置法の種類は、6種類あった。1つ目は、否定語+・・・.の文の型を取る否定語。2つ目は、仮定法.の文の型を取るif を省略した仮定。3つ目は、so ・neither (nor) ・may+・・・.の文の型を取る慣用な倒置。4つ目は、補語+・・・.の文の型を取る補語になる形容詞(句)。5つ目は、方向や場所を表す副詞+・・・.の文の型を取る方向や場所を表す副詞(句)。6つ目は、“話していること”+動詞+主語.の文の型を取る直接話法の伝達部

授業をしている講師「そうだよね。例えば、(Be) I you, I wouldn’t do such a thing.の()を適切な形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「(Be) I you, I wouldn’t do such a thing.を見ると、If 主語+動詞の過去形~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~だと分かる。If 主語+動詞の過去形~,主語+助動詞の過去形+動詞の原形~は、仮定法過去。倒置法の種類には、仮定法.の文の型を取るif を省略した仮定がある。なので、正解は、Were



授業をしている講師「そうだよね。分詞構文の種類についても話しました。分詞構文の種類は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「分詞構文は、6種類あった。1つ目は、。2つ目は、条件。3つ目は、原因。4つ目は、譲歩。5つ目は、付帯状況。6つ目は、結果

授業をしている講師「そうだよね。例えば、I enjoy studying English listening to music.は、分詞構文のどの種類が使われているのか答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「I enjoy studying English listening to music.を見ると、studying Englishとlistening to musicは、同時にしていると分かる。同時にしている場合は、付帯状況。なので、正解は、付帯状況



授業をしている講師「正解。今回は、言い換えを押さえるについて話します。言い換えを押さえるといっても、複合関係代名詞・複合関係副詞・複合関係形容詞の言い換えを押さえるだけだよ。複合関係代名詞・複合関係副詞・複合関係形容詞の文の型は、どうだったかな

授業を受けている生徒「1つ目の複合関係代名詞の文の型は、2つあった。1つは、複合関係代名詞+~。もう1つは、複合関係代名詞~,~。2つ目の複合関係副詞の文の型は、2つあった。1つは、~+複合関係副詞+~.。もう1つは、~+,+複合関係副詞+~.。3つ目の複合関係形容詞の文の型は、2つあった。1つは、複合関係形容詞+~.。もう1つは、~+複合関係副詞+~.



授業をしている講師「そうだよね。1つ目の複合関係代名詞の言い換えは、2つある。1つは、複合関係代名詞+~の場合、Anyone(thing) who(that)~。もう1つは、複合関係代名詞~,~の場合、No matter who(which・what)~,~。複合関係副詞・複合関係形容詞の言い換えは、複合関係代名詞の言い換えを基に押さえる。2つ目の複合関係副詞の言い換えは、3つある。1つ目のhoweverの場合、by whatever means・no matter how。2つ目のwheneverの場合、at any time when・no matter when。3つ目のwhereverの場合、at (to) any place where・no matter where。3つ目の複合関係形容詞の言い換えは、2つある。1つは、whateverの場合、any 名詞 that・no matter what。もう1つは、whicheverの場合、any(either) 名詞 that・no matter which

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、You can use whichever text you like.を言い換えると、どうなるかな

授業を受けている生徒「You can use whichever text you like.を見ると、whichever textがある。なので、whicheverをany(either) 名詞 thatを使い、言い換えれば良いと分かる。なので、You can use any text that you like.

授業をしている講師「正解。今回は、言い換えを押さえるについて話しました。次回は、正誤問題の解き方を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<複合関係代名詞の言い換えについて>
・複合関係代名詞+~→Anyone(thing) who(that)~

・複合関係代名詞~,~→No matter who(which・what)~,~

<複合関係副詞の言い換えについて>
・however→by whatever means

・whenever→at any time when

・wherever→at (to) any place where

・however→no matter how

・whenever→no matter when

・wherever→no matter where

<複合関係形容詞の言い換えについて>
.・whatever→any 名詞 that

・whichever→any(either) 名詞 that

・whatever→no matter what

・whichever→no matter which

受験対策をしている人