こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「倒置法を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、分詞構文を押さえるについて話しました。分詞構文とは、何だったかな

授業を受けている生徒「分詞構文とは、前後の文の主語が同じ時に使われる。また2つの状態・動作をまとめて表現する時に使われる

授業をしている講師「そうだよね。分詞構文と独立分詞構文の違いについても話しました。分詞構文と独立分詞構文の違いは、何だったかな

授業を受けている生徒「分詞構文は、文の主語と分詞の主語が同じ時に使われる。独立分詞構文は、文の主語と分詞の主語が異なる時に使われる

授業をしている講師「そうだよね。分詞構文の文の型についても話しました。分詞構文の文の型は、どんな文の型だったかな

授業を受けている生徒「分詞構文の文の型は、2種類ある。1つは、分詞の文,~.。もう1つは、~,分詞の文.



授業をしている講師「そうだよね。分詞構文の種類は、何種類あるのか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「そうだよね。分詞構文は、6種類ある。1つ目は、。2つ目は、条件。3つ目は、原因。4つ目は、譲歩。5つ目は、付帯状況。6つ目は、結果

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、Having finished his work, he went home.は、分詞構文のどの種類が使われているかな

授業を受けている生徒「Having finished his work, he went home.を見ると、前半と後半で理由・結果の関係になっていると分かる。前半と後半で理由・結果の関係になっている場合は、原因。なので、正解は、原因

授業をしている講師「正解。今回は、倒置法を押さえるについて話します。早速だけど、倒置法の倒置とは何か分かるかな

授業を受けている生徒「倒置とは、主語+動詞の順番を動詞+主語にすることかな」

授業をしている講師「残念ながら、倒置とは、主語+動詞の順番を動詞+主語にすることと押さえていた場合、倒置を押さえることはできない。どうして倒置とは、主語+動詞の順番を動詞+主語にすることと押さえていた場合、倒置を押さえることはできないのか分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「倒置とは、主語+動詞の順番を動詞+主語にすることと押さえていた場合、倒置を押さえることはできない理由は、倒置とは主語+動詞の順番を動詞+主語にすることだけではないからだよ。なので、倒置とは、言語において通常の語順を変更させることと押さえておくことが必要なんだよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師倒置法の種類は、何種類あるのか分かるかな

授業を受けている生徒「倒置法の種類は、if を省略した仮定の1種類だけかな」

授業をしている講師「残念ながら、倒置法の種類は、1種類だけではない。倒置法の種類は、6種類ある。1つ目は、否定語+・・・.の文の型を取る否定語。2つ目は、仮定法.の文の型を取るif を省略した仮定。3つ目は、so ・neither (nor) ・may+・・・.の文の型を取る慣用な倒置。4つ目は、補語+・・・.の文の型を取る補語になる形容詞(句)。5つ目は、方向や場所を表す副詞+・・・.の文の型を取る方向や場所を表す副詞(句)。6つ目は、“話していること”+動詞+主語.の文の型を取る直接話法の伝達部



授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、Not only were they tired but also hungry.は、何が使われているかな

授業を受けている生徒「Not only were they tired but also hungry.を見ると、Notと書かれている。Notは、否定語。否定語+・・・.の文の型は、倒置法。なので、正解は、倒置法

授業をしている講師「正解。今回は、倒置法を押さえるについて話しました。次回は、言い換えを押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<分詞構文の種類について>


条件

原因

譲歩

付帯状況

結果

<倒置法の種類について>
・否定語→否定語+・・・.

・if を省略した仮定→仮定法.

・慣用な倒置→so ・neither (nor) ・may+・・・.

・補語になる形容詞(句)→補語+・・・.

・方向や場所を表す副詞(句)→方向や場所を表す副詞+・・・.

・直接話法の伝達部→“話していること”+動詞+主語.

受験対策をしている人