こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「分詞構文を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、形式主語(仮主語)構文の文の型について話しました。形式主語(仮主語)とは何だったかな

授業を受けている生徒「形式主語(仮主語)とは、文章が長い場合に、主語を短い形にし、長い主語を後ろに持ってくる形式

授業をしている講師「そうだよね。形式主語(仮主語)構文は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「形式主語(仮主語)構文は、5種類あった。1つ目は、It+動詞+~+to不定詞.のto不定詞。2つ目は、It is no use 動詞ing.・It is worth(while) 動詞ing.の動名詞。3つ目は、It +動詞+~+that +主語+動詞+~.のthat節。4つ目は、It+動詞+~+whether+主語+動詞+~.のwhether節。5つ目は、It +動詞+~+ 疑問詞+主語+動詞+~.の疑問詞節

授業をしている講師「そうだよね。例えば、It is no use (ask) her for advice.の()を適切な形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「It is no use (ask) her for advice.を見ると、It is no use (ask)と書かれている。It is no use 動詞ing.は、形式主語(仮主語)構文の文の型。なので、正解は、asking

授業をしている講師「そうだよね。クジラ構文の言い換えについても話しました。肯定のクジラ構文と否定のクジラ構文の言い換えは、どうすれば良かったかな

授業を受けている生徒「肯定のクジラ構文の言い換えは、主語+動詞+not+~+any less than+・・・+動詞.。否定のクジラ構文の言い換えは、主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、My son is no less talkative than my husband.を言い換えしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「My son is no less talkative than my husband.を見ると、no less talkative thanと書かれている。主語+動詞+no less+~+than+・・・+動詞.は、肯定のクジラ構文。肯定のクジラ構文の言い換えは、主語+動詞+not+~+any less than+・・・+動詞.。なので、正解は、My son isn't talkative any less than my husband.



授業をしている講師「正解。今回は、分詞構文を押さえるについて話します。早速だけど、分詞構文とは何か分かるかな

授業を受けている生徒「分詞構文とは、現在分詞・過去分詞を使った文かな」

授業をしている講師「残念ながら、分詞構文とは、現在分詞・過去分詞を使った文と押さえた場合、問題に正解できない。どうして分詞構文とは、現在分詞・過去分詞を使った文と押さえている場合、問題に正解できないのか分かるかな

授業を受けている生徒「分詞構文とは、現在分詞・過去分詞を使った文と押さえている場合、問題に正解できない理由は、全て分詞構文と考えることになるからかな

授業をしている講師「そうだよね。なので、分詞構文とは、前後の文の主語が同じ時に使われる。また2つの状態・動作をまとめて表現する時に使われると押さえることが必要だよ。分詞構文を押さえる時、分詞構文と独立分詞構文の違いを押さえることで、分詞構文と独立分詞構文を理解できる。分詞構文と独立分詞構文の違いは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分詞構文は、文の主語と分詞の主語が同じ時に使われる。独立分詞構文は、文の主語と分詞の主語が異なる時に使われるのかな

授業をしている講師「そうだよね。なので、分詞構文を使うのか。それとも独立分詞構文を使うのかを判断する時、主語を確認すると良い

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師分詞構文の文の型は、分かるかな

授業を受けている生徒「分詞構文の文の型は、2種類ある。1つは、分詞の文,~.。もう1つは、~,分詞の文.

授業をしている講師「そうだよね。Having finished his work, he went home.は、分詞構文と独立分詞構文のどっちが使われているかな

授業を受けている生徒「Having finished his work, he went home.を見ると、文の主語と分詞の主語が、heだと分かる。文の主語と分詞の主語が同じ時は、分詞構文を使う。なので、正解は、分詞構文

授業をしている講師「正解。今回は、分詞構文を押さえるについて話しました。次回は、倒置法を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<分詞構文と独立分詞構文の違いについて>
分詞構文→文の主語と分詞の主語が同じ

独立分詞構文→文の主語と分詞の主語が異なる

<分詞構文の文の型について>
分詞の文,~.

~,分詞の文.

受験対策をしている人