こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「クジラ構文を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、so that構文を押さえるについて話しました。so that構文は、どんな時に使うんだったかな

授業を受けている生徒「so that構文を使う時は、3つあった。1つ目は、否定の程度を表す時。2つ目は、肯定の程度を表す時。3つ目は、目的を表す時に使う

授業をしている講師「そうだよね。それぞれの文の型は、どうだったかな

授業を受けている生徒「1つ目の否定の程度を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so・・・・that+主語+否定文.。2つ目の肯定の程度を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so・・・・that+主語+肯定文.。3つ目の目的を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so that+主語+動詞+~.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、彼はとても忙しいので、数学を勉強することができませんを英訳しなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「彼はとても忙しいので、数学を勉強することができませんを見ると、勉強することができませんと書かれている。時制は、現在だと分かる。前半の主語は、彼は。動詞は、です。ここまでの英訳すると、He is busy.。残りの日本語を見ると、ので、数学を勉強することができませんと書かれている。後半の主語は、彼は。動詞は、勉強する。ここまでの英訳すると、He can't study math.。ので・できませんは、否定の程度を表す時のso that構文を使うと判断できる。否定の程度を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so・・・・that+主語+否定文.。なので、正解は、He is so busy that he can't study math.



授業をしている講師「そうだよね。否定の程度を表す時のso that構文・肯定の程度を表す時のso that構文・目的を表す時のso that構文は、言い換えをすることができる。否定の程度を表す時のso that構文・肯定の程度を表す時のso that構文・目的を表す時のso that構文の言い換えは、分かるかな

授業を受けている生徒「1つ目の否定の程度を表す時のso that構文の言い換えは、主語+動詞+~+too ・・・・to+動詞+~.。2つ目の肯定の程度を表す時のso that構文の言い換えは、主語+動詞+~+enough to+動詞+~.。3つ目の目的を表す時のso that構文の言い換えは、主語+動詞+~+in order that+主語+動詞+~.かな

授業をしている講師「そうだよね。He is so busy that he can't study math.を言い換えると、どうなるかな

授業を受けている生徒「He is so busy that he can't study math.を見ると、so busy that he can'tと書かれている。so busy that he can'tは、否定の程度を表す時のso that構文だと分かる。否定の程度を表す時のso that構文の言い換えは、主語+動詞+~+too ・・・・to+動詞+~.。なので、正解は、He is too busy to study math.

授業をしている講師「正解。今回は、クジラ構文を押さえるについて話します。早速だけど、クジラ構文の文の型は、何種類あるか分かるかな

授業を受けている生徒「クジラ構文の文の型は、2種類ある。1つは、肯定。もう1つは、否定

授業をしている講師「そうだよね。肯定のクジラ構文の文の型・否定のクジラ構文の文の型は、どうかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「そうだよね。肯定のクジラ構文の文の型は、主語+動詞+no less+~+than+・・・+動詞.。否定のクジラ構文の文の型は、主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.だよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、馬が魚ではないの同様に、クジラも魚ではない。A whale is () () a fish () a  horse is.の()に適切な語を入れよと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「馬が魚ではないの同様に、クジラも魚ではないを見ると、ではないと書かれている否定のクジラ構文を使うと判断できる。否定のクジラ構文の文の型は、主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.。なので、正解は、no・more・than

授業をしている講師「正解。今回は、クジラ構文を押さえるについて話しました。次回は、形式主語(仮主語)構文を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<so that構文の言い換えについて>
・否定の程度を表す時のso that構文→主語+動詞+~+too ・・・・to+動詞+~.

・肯定の程度を表す時のso that構文→主語+動詞+~+enough to+動詞+~.

・目的を表す時のso that構文→主語+動詞+~+in order that+主語+動詞+~.

<クジラ構文の文の型について>
・肯定のクジラ構文の文の型→主語+動詞+no less+~+than+・・・+動詞.

・否定のクジラ構文の文の型→主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.

受験対策をしている人