こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「so that構文を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、自動詞と他動詞を押さえるについて話しました。自動詞と他動詞の違いは、何だったかな

授業を受けている生徒「自動詞は、第1文型・第2文型を取る目的語を取らない動詞。他動詞は、第3文型・第4文型・第5文型を取る目的語を取る動詞

授業をしている講師「そうだよね。例えば、私たちはその問題について話し合いましたを英訳しなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「私たちはその問題について話し合いましたを見ると、話し合いましたと書かれている。時制は、過去だと分かる。主語は、私たちは。動詞は、話し合いました。ここまでの英訳すると、We discussed.。その問題についてと書かれている。その問題についてとは、その問題をと考えることができる今回は、目的語を取る他動詞の第3文型を使えば良いと判断できる。なので、正解は、We discussed the issue.



授業をしている講師「正解。日本語に~についてと書かれているという理由で、aboutを使うと判断しないことも必要だよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、so that構文を押さえるについて話します。早速だけど、so that構文は、どんな時に使うか分かるかな

授業を受けている生徒「so that構文を使う時は、2つある。1つは、否定の程度を表す時。もう1つは、肯定の程度を表す時かな」

授業をしている講師「残念ながら、so that構文を使う時は、2つではない。so that構文を使う時は、3つある。否定の程度を表す時・肯定の程度を表す時以外に目的を表す時に使う」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師否定の程度を表す時のso that構文の文の型は、分かるかな

授業を受けている生徒「否定の程度を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so・・・・that+主語+否定文.

授業をしている講師「そうだよね。肯定の程度を表す時のso that構文の文の型は、分かるかな

授業を受けている生徒「肯定の程度を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so・・・・that+主語+肯定文.

授業をしている講師「そうだよね。目的を表す時のso that構文の文の型は、分かるかな

授業を受けている生徒「目的を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so that+主語+動詞+~.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、彼は彼女が起きれるために彼女に電話をかけますを英訳しなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「彼は彼女が起きれるために彼女に電話をかけますを見ると、電話をかけますと書かれている。時制は、未来だと分かる。前半の主語は、彼は。動詞は、電話をかけます。ここまでの英訳すると、He will call her.。残りの日本語を見ると、彼女が起きれるためにと書かれている。後半の主語は、彼女が。動詞は、起きれる。ここまでの英訳すると、She can wake up.。ためには、目的を表す時のso that構文を使うと判断できる。目的を表す時のso that構文の文の型は、主語+動詞+~+so that+主語+動詞+~.。なので、正解は、He will call her so that she can wake up.

授業をしている講師「正解。今回は、so that構文を押さえるについて話しました。次回は、クジラ構文を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<so that構文の文の型について>
・否定の程度を表す時のso that構文→主語+動詞+~+so・・・・that+主語+否定文.

・肯定の程度を表す時のso that構文→主語+動詞+~+so・・・・that+主語+肯定文.

・目的を表す時のso that構文→主語+動詞+~+so that+主語+動詞+~.

受験対策をしている人