こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「不定詞と動名詞を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、能動態と受動態を押さえるについて話しました。能動態と受動態の違いは、何だったかな

授業を受けている生徒「能動態は、主体的な動作を表す。受動態は、主体的ではない動作を表す

授業をしている講師「そうだよね。受動態の文の型は、どうだったかな

授業を受けている生徒「受動態の文の型は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、The table is made () wood.の()に入る前置詞を答えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうなるかな

授業を受けている生徒「The table is made () wood.を見ると、be動詞+動詞の過去分詞が使われている。受動態の文の型は、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.だった。なので、正解は、by」



授業をしている講師「残念ながら、()に入る前置詞は、byではない。受動態では、原則byが使われる。しかし、例外がある。例外は、主に9種類ある。1つ目は、be interested in ~。 2つ目は、be known to ~。 3つ目は、be known for ~。4つ目は、be made of ~(材料) 。5つ目は、be made from ~(原料)。6つ目は、be covered with ~。 7つ目は、surprised at ~。8つ目は、be worried about ~。9つ目は、be satisfied with ~正解は、どうなるかな

授業を受けている生徒「The table is made () wood.を見ると、woodが書かれている。woodは、材料。材料の時には、be made of ~を使う。なので、正解は、of

授業をしている講師「正解。英文では、byを使わない受動態も使われている。なので、byを使わない受動態も押さえておいてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「完了形が使われている場合の疑問文についても話しました。完了形が使われている場合の疑問文は、どのように疑問文を作るんだったかな

授業を受けている生徒「完了形が使われている場合は、have(has・had)を文頭に置く

授業をしている講師「そうだよね。5w1hの使い方についても話しました。5w1hは、どのように使うんだったかな

授業を受けている生徒「1つ目の誰かを聞く時には、who。2つ目のいつなのかを聞く時には、when。3つ目の場所を聞く時には、where。4つ目の何故なのかを聞く時には、why。5つ目の何かを聞く時には、what。最後6つ目のどうやってか聞く時には、how

授業をしている講師「そうだよね。5w1hの疑問文の型は、どんな型だったかな

授業を受けている生徒「5w1hの疑問文の型は、疑問詞+疑問文

授業をしている講師「そうだよね。例えば、It is my bag.のmyの部分を聞く疑問文にしなさいと問題が出題されたとする。疑問詞は、何を使うかな

授業を受けている生徒「誰のものか聞く時には、whoseを使う。なので、正解は、whose

授業をしている講師「そうだよね。2つ以上ある時、どちらなのかを聞く時には、疑問詞は、何を使うかな

授業を受けている生徒「2つ以上ある時、どちらなのかを聞く時には、whichを使う

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、不定詞と動名詞を押さえるについて話します。早速だけど、不定詞と動名詞の違いは、何かな

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師「そうだよね。何も考えずに不定詞を取る動詞。動名詞を取る動詞を覚えても不定詞と動名詞を押さえたことにはならない。どうして何も考えずに不定詞を取る動詞。動名詞を取る動詞を覚えても不定詞と動名詞を押さえたことにはならないのか分かるかな

授業を受けている生徒「何も考えずに不定詞を取る動詞。動名詞を取る動詞を覚えても不定詞と動名詞を押さえたことにはならない理由は、不定詞と動名詞の違いを押さえてないからかな

授業をしている講師「正解。不定詞は、未来を表す。 動名詞は、過去・現在を表す

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、I finished studying math.は、未来と過去・現在のどっちを表していると判断できるかな

授業を受けている生徒「I finished studying math.のstudyingは、動名詞。動名詞は、過去・現在を表す。なので、過去・現在を表していると判断できる

授業をしている講師「そうだよね。動名詞の使い方は、何パターンあるかな

授業を受けている生徒「動名詞の使い方は、3パターンある。1つ目は、動詞ing+動詞+~.の場合は、主語。2つ目は、主語+動詞+動詞ing.の場合は、動詞の目的語。3つ目は、主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.の場合は、前置詞の目的語として使われている

授業をしている講師「そうだよね。不定詞の使い方は、何パターンあるかな

授業を受けている生徒「不定詞の使い方は、2パターンある。1つは、主語+動詞+to動詞の原形+~.。もう1つは、To動詞の原形+動詞+~.

授業をしている講師「そうだよね。I finished studying math.のstudyingは、動名詞の使い方のどのパターンで使われているかな

授業を受けている生徒「I finished studying math.は、主語+動詞+動詞ing.の型で使われている。主語+動詞+動詞ing.の場合は、動詞の目的語だった。なので、動詞の目的語として使われている

授業をしている講師「正解。今回は、不定詞と動名詞を押さえるについて話しました。次回は、仮定を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<byを使わない受動態について>
be interested in ~

be known to ~

be known for ~

be made of ~(材料)

be made from ~(原料)

be covered with ~

surprised at ~

be worried about ~

be satisfied with ~

<誰のものか聞く時について>
whoseを使う

<どちらなのかを聞く時について>
whichを使う

<不定詞と動名詞の違いについて>
・不定詞→未来を表す

・動名詞→過去・現在を表す

<動名詞の使い方について>
主語→動詞ing+動詞+~.

動詞の目的語→主語+動詞+動詞ing.

前置詞の目的語→主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.

<不定詞の使い方について>
主語+動詞+to動詞の原形+~.

To動詞の原形+動詞+~.

受験対策をしている人