こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「時制を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、文章の1文目の読み方について話しました。文章の1文目の読み方は、2つあったよね。2つの文章の1文目の読み方は、何だったかな

授業を受けている生徒「2つの文章の1文目の読み方の1つは、文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合は、接続詞が使われている文を意識しながら、文を読むこと。もう1つは、文章の1文目に筆者の主張が書かれている場合は、接続詞が使われている文が出てくるまで肩の力を抜いて文を読むことだった



授業をしている講師「そうだよね。接続詞の文の型は、どんな型だったかな

授業を受けている生徒「接続詞の文の型は、文A.+接続詞+文B.



授業をしている講師「そうだよね。接続詞には、何種類あったかな

授業を受けている生徒「まず1つ目は、理由+接続詞+結果の型を取る順接。2つ目は、+(ー)+接続詞+ー(+)の型を取る逆接。3つ目は、A1+接続詞+A2の型を取る並立。4つ目は、A+接続詞+Bの型を取る説明・補足。5つ目は、A1+接続詞+A2の型を取る対比・選択。最後6つ目は、A+接続詞+Bの型を取る転換の6種類ある」



授業をしている講師「そうだよね。例えば、He was happy. Because he passed the exam.で使われている接続詞の種類は、どれかな

授業を受けている生徒「He was happy. Because he passed the exam.は、A+接続詞+Bの型になっている。なので、使われている接続詞の種類は、説明・補足

授業をしている講師「正解。今回は、時制を押さえるについて話します。早速だけど、英文を正しく読むには、どうすれば良いかな

授業を受けている生徒「英文を正しく読むには、これまで勉強したことを使い、英文を読めば良い」

授業をしている講師これまで勉強したこと以外には、どうかな

授業を受けている生徒「うーん。いつのことが書かれているのかを押さえることかな」

授業をしている講師「正解。いつのことが書かれているのかを押さえることを時制と言う。英語の主な時制は、何種類あるか分かるかな

授業を受けている生徒「英語の時制は、完了・過去・現在・未来の4種類かな

授業をしている講師「そうだよね。4種類の時制の1つ目は、have(has・had・will have) +動詞の過去分詞を使う完了。2つ目は、動詞の過去形を使う過去。3つ目は、現在形を使う現在。4つ目は、will・be+動詞の現在分詞を使う未来がある」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、He played  soccer.の時制を考える。He played  soccer.の時制は、いつかな

授業を受けている生徒「He played  soccer.のplayedは、動詞の過去形だった。なので、時制は、過去

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、時制を押さえるについて話しました。次回は、否定を押さえるについて話します。しっかり復習してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<4種類の時制について>
完了→have(has・had・will have) +動詞の過去分詞を使う

過去→動詞の過去形を使う

現在→現在形を使う

未来→will・be+動詞の現在分詞を使う

受験対策をしている人