こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「文章の1文目の読み方」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、指示語の文の型を押さえるについて話しました。指示語の文の型は、どんな型だったかな

授業を受けている生徒「指示語の文の型は、A(名詞)を使った文.+A(指示語)を使った文.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、Ken ate it.で使われている指示語は、何かな

授業を受けている生徒「Ken ate it.で使われている指示語は、it

授業をしている講師どうしてKen ate it.で使われている指示語は、itだと考えたのかな

授業を受けている生徒「Ken ate it.で使われている指示語は、itだと考えた理由は、Ken ate it.の前の英文でitについて説明しているから



授業をしている講師「正解。今回は、文章の1文目の読み方について話します。早速だけど、文章の1文目をどのように読んでいるかな

授業を受けている生徒「現代文で文章の1文目の読み方について勉強した時、文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合と文章の1文目に筆者の主張が書かれている場合がある。文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合は、接続詞が使われている文を意識しながら、文を読めば良い。文章の1文目に筆者の主張が書かれている場合は、接続詞が使われている文が出てくるまで肩の力を抜いて文を読めば良いと勉強した。なので、英語の文章を読む時も文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合は、接続詞が使われている文を意識しながら、文を読み、文章の1文目に筆者の主張が書かれている場合は、接続詞が使われている文が出てくるまで肩の力を抜いて文を読んでいる



授業をしている講師「そうだよね。例えば、文章の1文目が、1973年まで1ドル360円だったと書かれていた場合、文章の1文目以降の内容が何が書かれているのか検討がつくかな

授業を受けている生徒「1973年まで1ドル360円だったを読んで分かることは、1973年まで1ドル360円だったこと

授業をしている講師「そうだよね。1973年まで1ドル360円だったを読んだだけでは、文章の1文目以降の内容が何が書かれているのか検討がつかない。文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合には、接続詞が使われている文を意識しながら、文を読むことで、文章の内容を理解できる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合と文章の1文目に筆者の主張が書かれている場合で文章の読み方を変えることで、読解問題を試験時間内に解き、正解できる

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、文章の1文目の読み方について話しました。次回は、時制を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<文章の1文目の読み方について>
・文章の1文目に筆者の主張が書かれていない場合→接続詞が使われている文を意識しながら、文を読む

・文章の1文目に筆者の主張が書かれている場合→接続詞が使われている文が出てくるまで肩の力を抜いて文を読む

受験対策をしている人