生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。分からない項目のみ勉強しただけでも基礎力・解答力が身に付く。講座・コースで勉強した場合、体系的に基礎力・解答力が身に付く。毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「クジラ構文の否定の構文の言い換え」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回はクジラ構文の否定の構文について話しました。クジラ構文の否定の構文は、どのように作れば良かったかな。

「クジラ構文の否定の構文は、主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.」

 「正解。伝えたいことを冒頭に持って来れば良かったよね。今回は、クジラ構文の否定の構文の言い換えについて話します。クジラ構文の否定の構文の言い換えと言っても難しく考える必要はない。実は、noをnotにし、any more thanにしてあげれば良いだけなんだよ。つまり、クジラ構文の否定の構文の言い換えは、主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 ▼関連記事



 「それでは、A whale is no more a fish than a  horse is.を言い換えすると、どうなるかな。

「文を見るとno more thanがあるので、クジラ構文の否定の構文の言い換えをすれば良いと分かる。クジラ構文の否定の言い換えは、主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.にすれば良かった。なので、A whale isn't a fish any more than a  horse is.

 「正解。しっかりと理解できているね」

「はい」

 「今回は、クジラ構文の否定の構文の言い換えについて話しました。次回は、クジラ構文の肯定の構文について話します。お疲れ様でした」

「クジラ構文は少しだけボリュームがあるから、分けて講義をして貰えてありがたい。お疲れ様でした」

●まとめ
<クジラ構文の否定の構文の言い換えについて>
言い換え前→主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.

言い換え後→主語+動詞+not+~+any more than+・・・+動詞.

クジラ構文の否定の言い換えについて話している人

▼▼▼関連記事





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「クジラ構文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、前回はenough toの否定文について話しました。enough toの否定文は、どのように作れば良かったかな。

「enough toの否定文は、be動詞がある時には、be動詞の否定文と同じように考え、be動詞がない時には、一般動詞の否定文と同じように考えれば良い」

 「正解。それでは、彼は試験に合格するほど賢くありませんを英作文にすると、どうなるかな

「文を見ると主語が彼は。動詞は彼=賢いと言うことができるので、be動詞を使うと分かる。過去・現在・完了を確認すると、現在だと分かる。ここまで英作文にすると、He is smart。残りの日本語を見ると、合格するほどと書かれているので、enough toを使うのだと分かる。ここまで英作文にすると、enough to pass the exam。文末を見ると、ありませんと書かれているので、否定文だと分かる。enough toの否定文は、be動詞がある時には、be動詞の否定文と同じように考えれば良かった。なので、He isn't smart enough to pass the exam.が正解」

 「正解。しっかりと復習しているね」

 ▼関連記事



「はい」

 「今回は、クジラ構文について話します。クジラ構文と言っても難しく考える必要はないんだよ。クジラ構文を理解するには、比較を押さえておけば理解できる。クジラ構文には、否定と肯定を表す2つの構文があるんだよ。2つの構文を同時に話すと混乱するので、今回はクジラ構文の否定を表す構文について話すね。クジラ構文の否定を表す構文は、日本語で言うと、~ではないのと同様に・・・ではない。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「英語では、クジラ構文の否定を表す構文は、主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.だよ。例えば、馬が魚ではないの同様に、クジラも魚ではないを英作文にするとどうなるかな

「文を見ると、一文が長いので、2文に分けて考えることが必要だと分かる。1文目は馬が魚ではない。2文目はクジラも魚ではない。1文目の主語は、馬だと分かる。動詞は馬=魚と考えることができるので、be動詞を使うのだと分かる。ここまで英作文にすると、A horse is a fish。2文目の主語は、クジラ。動詞はクジラ=魚と考えることができるので、be動詞だと分かる。ここまで英作文にすると、A whale is a fish。残りの日本語を見ると、ではないの同様に・ではないと書かれている。なので、クジラ構文の否定を使うのだと分かる。説明したいことは、クジラのこと。なので、A whale is no more a fish than a  horse is.

 「正解。クジラ構文の否定の構文を英作文にする時も、2文にし、最後に1文にすることで、ケアレスミスを無くすことができる

「はい」

 「今回は、クジラ構文の否定の構文について話しました。次回は、クジラ構文の否定の構文の言い換えについて話します。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
<クジラ構文の否定の構文について>
主語+動詞+no more+~+than+・・・+動詞.

クジラ構文の否定の構文について話している人

▼▼▼関連記事





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「日本国憲法19条を使い、指示語を正しく押さえる」について話して行きます。

逆転英語英文読解

授業をしている講師「早速だけど、以前英文読解において指示語を押さえることも大切という話をしました。指示語が実際文の中で、何を指しているのかを押さえる訓練もしておくことが必要なんだよ」

授業を受けている生徒「確かに。でも英文で指示語が何を指しているのかを訓練するの」

授業をしている講師「まずは英文ではなく、日本語で指示語が何を指しているのかを押さえる訓練をする必要があるんだよ。どうして英文ではなく、日本語で指示語が何を指しているのか押さえる訓練をする必要があるのか分かるかな

授業を受けている生徒「以前勉強した時に、全ての科目の基礎は現代文と勉強した」

授業をしている講師「正解。日本語で指示語を正しく押さえることができない人が、英文の指示語を正しく押さえることはできないからなんだよ。つまり、日本語で指示語を正しく押さえることができない人は、正しく英文を読むことができない

 ▼関連記事



授業を受けている生徒「確かに」

授業をしている講師「今回日本語で指示語を正しく押さえる訓練に使うのは、日本国憲法だよ」

授業を受けている生徒「え」

授業をしている講師「これまで何度も見たことがある文で指示語を正しく押さえる訓練をした場合、指示語が何を指しているのか分かっていないくても、奇跡的に指示語が何を指しているのか正解することもある。なので、奇跡的に指示語が何を指しているのか正解する確率を下げるために日本国憲法を使うことにした

授業を受けている生徒確かに奇跡的に正解した場合、分かったつもりになるだけだもんね

授業をしている講師「そうだよね。それでは日本国憲法19条を読んでくれるかな

【日本国憲法19条】
思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。


授業をしている講師「日本国憲法19条を読んだかな。指示語でこれとあるけど、何を指しているか分かるかな

授業を受けている生徒「これとは、思想及び良心の自由のこと」

授業をしている講師「正解。指示語が出て来た時には、指示語が出て来るまでに一度、指示語で置き換えることができる言葉を使っているんだよ。なので、これを侵してはならないの前を見ると、思想及び良心の自由と書かれている。なので、これは思想及び良心の自由ではないかを検討が付く。そして、文末に侵してはならないと書かれているので、これが思想及び良心の自由ということが確定するんだよ。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、日本国憲法19条を使い、指示語を正しく押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。次回は、文の内容を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
日本語で指示語を正しく押さえることができない人は、正しく英文を読むことができない

逆転英語5

▼▼▼関連記事



第9講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ