生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】。生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、コンテンツは【完全返金保証】。基礎力・解答力を身に付けるため、1コマ1つのことを講義。講義はコンテンツ化しているので、あなたが勉強する時には毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞と一般動詞の使い分け」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回はbe動詞の種類について勉強しました。be動詞には何種類あるんだっけ

授業を受けている生徒「be動詞には、am,is,areの3種類あります」

授業をしている講師「そうだね。更に質問するね。am,is,areはそれぞれ主語がどんな時に使うのかな」

授業を受けている生徒amは私はの時に使い、areはあなたは・複数の時に使います。isは私は・複数以外の時に使います

授業をしている講師「よく復習しているね。少しだけ応用してみようか。You&Iが主語の時には、be動詞は何を使えば良いかな

授業を受けている生徒「Youが主語だから、areかな。でもIも主語だからamかな」

授業をしている講師You&Iは複数かな。それとも複数以外かな

授業を受けている生徒「&とあるから、複数だ。ということは、areを使うことになるのかな」

授業をしている講師「その通り。You&Iはあなたと私はと複数なので、areを使うことになる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「どうにか」

 ▼関連記事です

 

授業をしている講師「今回は、更にbe動詞と一般動詞の使い分けについて話すね。be動詞と一般動詞を使った英語は、基本同じ形になる。主語+動詞~.という形になる

授業を受けている生徒「英語は直ぐに動詞が来るんだね」

授業をしている講師「日本語では動詞を文末に持って来ることが多い。しかし、英語では動詞は主語の直ぐ後ろに来ることが多いんだよ。動詞の問題を見ると、be動詞と一般動詞のどちらを()に入れるのかを聞いて来る問題もある。be動詞か一般動詞か聞いて来る問題の時には、瞬間的にbe動詞か一般動詞のどちらを使うのか分かる方法がある

授業を受けている生徒「え。どんな方法ですか」

授業をしている講師主語+動詞~.の~の箇所に注目してあげる方法なんだよ。主語=~の時には、be動詞を使う。それ以外の時には、一般動詞を使うことになる

授業を受けている生徒「え。簡単だね」

授業をしている講師「この方法を知っている人と、そうでない人では()にbe動詞と一般動詞のどちらが入るか聞いている問題を解く時間だけではなく、正解率も変わって来る。I()Ken.では、be動詞と一般動詞のどちらが入るかな

授業を受けている生徒「amが入る」

授業をしている講師授業を受けている生徒の言う通り、amが入る。しかし、それでは半分しか正解していないことになる。出題者は、まずbe動詞と一般動詞が入るかを聞いているよね」

授業を受けている生徒「あ。主語のIとKenが=の関係なので、()にはbe動詞が入ります。主語がIなので、be動詞のamが入りますだ

授業をしている講師「そうだね。きちんと問題を解く時のプロセスも意識しながら、問題を解くようにしてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、be動詞について少しだけ深堀をし、be動詞と一般動詞の基本形・be動詞と一般動詞の使い分けについて説明した。結構、ボリュームがあるので、復習をしておいてね。次回は、三単現のsについて話すことにします。お疲れ様でした

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<基本形について>
主語+動詞~.

<be動詞と一般動詞の使い分けについて>
・主語=~→be動詞

・主語=~以外→一般動詞

逆転英語5

▼▼▼関連記事です





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「be動詞の種類」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は動詞の種類について話しました。動詞には何種類あるんだったけ

授業を受けている生徒動詞には2種類ありました。1つは、存在を表すbe動詞。もう1つは、人の動作などを表す一般動詞です

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように動詞にはbe動詞と一般動詞の2種類がある。be動詞を使った日本語を話してみて

授業を受けている生徒「私はトムですですか」

授業をしている講師「そうだね。私=トムを表す日本語になっているよね。一般動詞ではどうかな

授業を受けている生徒「一般動詞は、人の動作を表す動詞だから、私は英語を勉強しているかな」

授業をしている講師「そうだね。勉強するは、人の動作を表す動詞だよね。流石だね」

授業を受けている生徒「それ程でもありません」

 ▼関連記事です



授業をしている講師今回は、be動詞には実は、3種類あることについて話して行きます。be動詞は、am,is,areの3種類あるんだよ。am,is,areをどう使い分けるか分かるかな」

授業を受けている生徒「分かりません」

授業をしている講師amは、私はが主語の時に使うbe動詞なんだよ。areは、あなた・複数が主語の時に使うbe動詞なんだよ。isは、私以外の複数ではない主語の時に使うbe動詞なんだよ。私以外の複数ではない主語とは、何が思い浮かぶかな」

授業を受けている生徒「うーん。彼はかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように彼は・彼女はなどの時には、be動詞はisを使うことになる。大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「質問するね。be動詞areを使う時には、どんな時かな」

授業を受けている生徒be動詞areを使う時には、主語があなた・複数の時かな

授業をしている講師「その通り。それではamを使う時は、どんな時かな

授業を受けている生徒amを使う時には、主語が私はの時かな

授業をしている講師「その通り。今回のbe動詞には3種類あることについても今後、とても大切になるからしっかりと理解しておいてね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師次回は、be動詞と一般動詞の使い分けについて話すことにします。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の使い分けについて>
・私は→am

・あなたは・複数→are

・私は・複数以外→is

逆転英語5

▼▼▼関連記事です





▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「動詞」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、動詞とは、何か知っているかな」

授業を受けている生徒「うーん。良く分からないけど、動くことが関係あるのかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように動詞とは、人の行動などを表す言葉なんだよ。しかし、動詞は人の行動などを表す言葉だけではなく、存在を表す時にも使われるんだよ

授業を受けている生徒「存在を表す時って、どういうこと」

授業をしている講師存在を表すとは、私は、トムですのように私=トムのように使われる。ここに私のペンがありますのようにありますのように使われるんだよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「人の行動をなどを表す言葉は、何かな」

授業を受けている生徒「行動することだから、話す。食べる。飲む。寝る。勉強するなどかな」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように、話す・食べる・飲む・寝る・勉強するなどが人の行動などを表す言葉になる。ここまでの話で何か気が付かないかな」

授業を受けている生徒「うーん。もしかして、動詞には2種類あるということかな

授業をしている講師授業を受けている生徒が言ったように、動詞には、人の行動などを表す動詞。存在などを表す動詞の2種類あるんだよ。人の行動をなどを表す動詞を一般動詞。存在などを表す動詞をbe動詞と言うんだよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「もし一般動詞とbe動詞の違いが分からなくなった場合には、人の行動などを表す動詞は一般動詞。それ以外の動詞はbe動詞と押さえておけば大丈夫だよ」

授業を受けている生徒「確かに人の行動などを表す動詞は一般動詞。それ以外の動詞はbe動詞と押さえておいた方が楽だよね」

授業をしている講師「今回は、初回なのでここまでにします。次回はbe動詞の種類について話すことにします。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
・人の行動などを表す動詞→一般動詞

・それ以外の動詞→be動詞

逆転英語5



▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

↑このページのトップヘ