生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。分からない項目のみ勉強しただけでも基礎力・解答力が身に付く。講座・コースで勉強した場合、体系的に基礎力・解答力が身に付く。毎回同じ内容・質の講義を受講できる。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2020年度東京都公立高校入試問題の英文を使い、英単語goと英文法を押さえる」について話して行きます。

英単語と文法を説明している人

授業をしている講師「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試で出題された英文を読み、goの意味は分かるかな

【2020年度東京都公立高校入試問題】
Lisa,can you go with me?


授業を受けている生徒「今回の英文では、goは動詞として使われている。意味は行くかな」

授業をしている講師「正解。今回の英文で使われているgoは、一般動詞として使われ、行くという意味で使われている。英単語の勉強をする時、多くの人が英単語の意味を押さえ、英単語を勉強する気になっている。しかし、英単語の意味をただ押さえただけでは、英単語を勉強したことにはならないんだよ

授業を受けている生徒「え。どういうこと」

授業をしている講師授業を受けている生徒が英単語を押さえ、英文を読んだ時、英文の内容を理解することができるかな」

授業を受けている生徒「英単語を押さえ、英文を読んでいるはずなのに、英文の内容が理解できない時がある」

授業をしている講師「そうだよね。つまり、英単語と英文法を別々に勉強している限り、英単語を押さえても、英文の内容を理解できるようにはならない。では、どうすれば良いのか。英単語と英文法を別々に勉強するのではなく、英単語と英文法を紐づけて勉強することが大切になる。なので、逆転英語の英単語講座では、入試問題を使い、英単語と英文法を紐づけさせることをする

授業を受けている生徒「入試問題を使うことで、入試に出題している英単語を押さえながら、英単語を使えるようにできるよね」

授業をしている講師「そうだね。今回の英文では、2つの英文法を勉強することができる。勉強することができる英文法が何か分かるかな

授業を受けている生徒「goの話が出てきたから、1つは一般動詞の肯定文を勉強することができるのかな。もう1つは、分からない」

授業をしている講師「今回の英文から勉強できる2つの英文法の1つは、授業を受けている生徒が言ったように一般動詞の肯定文。もう1つは、助動詞canの疑問文の2つの英文法を勉強できる」

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「一般動詞の肯定文の基本形は、主語一般動詞~.。助動詞canの疑問文の形は、助動詞+主語+動詞の原形+~?。はいの時には、Yes,主語+助動詞. 。いいえの時には、No,主語+助動詞not.となる。今回の英文に当てはめると、どうなるかな

授業を受けている生徒「今回の英文に当てはめると、you goと書かれているので、一般動詞の肯定文の基本形の主語+一般動詞~.になっている。can you go with me?と書かれているので、助動詞canの疑問文の形の助動詞+主語+動詞の原形+~?になっている」

授業をしている講師「正解。英単語と英文法を紐づけて勉強したことで、英単語を使えるようになる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、2020年度東京都公立高校入試問題の英文を使い、英単語goと英文法を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<英単語goについて>
一般動詞・行く

<一般動詞の肯定文の基本形について>
主語+一般動詞~.

<助動詞の文の作り方について>
肯定文→主語+助動詞動詞の原形+~.

疑問文→助動詞+主語+動詞の原形+~?

・はい→Yes,主語+助動詞.

・いいえ→No,主語+助動詞not.

逆転英語5

第1講のみでも購入できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「一般動詞の過去形・動名詞・文型を使い、2020年度東京都公立高校入試の英文を理解する 」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試に出題された英文を読み、何か気が付くことはないかな

【2020年度東京都公立高校入試】
I learned protecting the environment is very important.


授業を受けている生徒「うーん。learnedが使われているので、一般動詞の過去形の話もある。一般動詞+動詞ingがあるので、動名詞の話もあることが分かる。あと後半にbe動詞が出て来ているので、一文の主語と動詞がどれなのかをしっかりと押さえる必要があることが分かる」

授業をしている講師「そうだよね。今回の英文は、授業を受けている生徒が言ったように一般動詞の過去形動名詞の2つの英文法についてしっかりと理解できていることが前提にある。一般動詞の過去形について軽く質問するね。子音+yの一般動詞を過去形にする時、どうすれば良いのかな

授業を受けている生徒「子音+yの一般動詞を過去形にする時は、yをiにし、edを付ける」

▼関連記事



授業をしている講師「そうだよね。動名詞には、3つの形があったよね。動名詞の3つの形は、どんな形だったかな

授業を受けている生徒「動名詞の3つの形のまず1つ目は、主語として使われる動詞ing+動詞+~. 。2つ目は、動詞の目的語として使われる主語+動詞+動詞ing. 。最後3つ目は、前置詞の目的語として使われる主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.の3つの形がある」

▼関連記事



授業をしている講師「正解。今回の英文のI learned protecting the environmentでは、3つのうちのどれで使われているかな

授業を受けている生徒「今回は、一般動詞の後ろにあるので、動詞の目的語として使われている」

授業をしている講師「そうだよね。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回の英文では、もう1つ知っていることが前提のことがある。今回の英文で知っていることが前提のもう1つのことは、文型だよ。文型を押さえておくことで、今回の英文の主語・動詞をしっかりと押さえることができ、英文を正しく理解することができる。今回は、何文型になるかな

授業を受けている生徒「え。急に文型について言われても分からない。しかも今回の英文は、後半にbe動詞まで出て来ているので、分からない」

授業をしている講師「そうだよね。文型をしっかりと押さえ、試験本番を迎えた受験生と文型を押さえずに、試験本番を迎えた受験生では、今回の英文1文とっても、理解できるか理解できないか分かれる。今回のように後半のbe動詞が出て来て、動詞が2つある文を見た時、どうすれば良いのか。実は、3つのことを意識することで、文型をしっかりと押さえることができる。まずは、1つ目は、2つ目の動詞が出て来るまでを大きな主語として考える。2つ目は、2つ目に出て来た動詞を大きな動詞として考える。最後3つ目は、2つ目に出て来た動詞の後ろは、大きな主語と=と言えるのか。それとも言えないのかを考える。この3つのことをすることで、文型をしっかりと押さえることができる

▼関連記事



授業を受けている生徒「なるほど。今回の英文の場合、大きな主語がI learned protecting the environment。大きな動詞がis。I learned protecting the environmentvery importantと言えるので、第2文型かな」

授業をしている講師「正解。もし主語=~と言えない場合は、何文型になるかな

授業を受けている生徒「主語=~と言えない場合は、~を目的語と考えることができるので、第3文型」

授業をしている講師「正解。今回の英文で押さえていることが前提の英文法は、まず1つ目は、一般動詞の過去形の肯定文。2つ目は、動名詞の肯定文。最後3つ目が、文型だったんだよ」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、一般動詞の過去形・動名詞・文型を使い、2020年度東京都公立高校入試の英文を理解するについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<一般動詞の過去形の肯定文について>
現在形 主語+一般動詞+~.

過去形 主語+一般動詞の過去形+~.

<動名詞の3つの使い方について>
・主語→動詞ing+動詞+~.

・動詞の目的語→主語+動詞+動詞ing.

・前置詞の目的語→主語+動詞+~+前置詞+動詞ing+~.

<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

逆転英語5




 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「2020年度東京都公立高校入試の国語の問題を使い、指示語を押さえる」について話して行きます。

逆転英語英文読解

授業をしている講師「早速だけど、2020年度東京都公立高校入試の国語の問題の設問を読み、設問をどのように解けば良いのか考えてくれるかな

【2020年度東京都公立高校入試の国語の問題】
今の自分の形をどれだけ直してどのくらい練習すればあの形に近づけるんだろう、そんなことを考えて、ひそかにさっきとは違う気持ちで、もう一度ため息をついた。とあるが、「私」が「ため息をついた」わけとして最も適切なのでは、次のうちではどれですか。
ア イ ウ エ 


授業を受けている生徒「設問を見ると、選択肢問題なので、まずは選択肢を確認する。選択肢を確認した後、問題文に戻り、設問と照らし合わせながら、設問を解いて行く」

授業をしている講師「なるほど。授業を受けている生徒設問を解く時、設問の文を読む時、気を付けていることはあるかな

授業を受けている生徒「設問の文を読む時、適切な選択肢を選ぶのか。適切ではない選択肢を選ぶのかを気を付けているかな」

授業をしている講師「実は、設問の文を読む時、適切な選択肢を選ぶのか。適切ではない選択肢を選ぶのかを気を付けるよりも大切なことがある。適切な選択肢を選ぶのか。適切ではない選択肢を選ぶのかを気を付けるよりも大切なことは、設問を理解することなんだよ」

授業を受けている生徒「設問を正しく理解するとは、どういうこと」

授業をしている講師設問を正しく理解するは、設問を正しく読むことだよ。今回の設問のように指示語がある時には、指示語をしっかりと押さえる必要がある。今回の設問を解く時、設問に出てきた指示語をしっかりと押さえることができなかった受験生は、設問を正しく読むことができず、正解することはできない。仮に正解できたとしても、感覚に頼った解き方をし、たまたま正解しただけなんだよ

授業を受けている生徒「確かに設問に指示語が出て来ても、問題文・選択肢に気を取られ、設問の指示語をしっかりと押さえることはしない」

授業をしている講師「そうだよね。国語の問題を解く時に、設問の指示語をしっかりと押さえる解き方をしていない受験生が、英語の問題を解く時、設問の指示語をしっかりと押さえる解き方ができるのか考えた場合、どうだと思う

授業を受けている生徒「国語の問題を解く時に、設問の指示語をしっかりと押さえる解き方をしていない受験生が、英語の問題を解く時、設問の指示語をしっかりと押さえる解き方はできない」

授業をしている講師「そうだよね。なので、これから国語の問題を解く時、設問に指示語がある時には、指示語もしっかりと押さえるようにしてね」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師 「今回は、2020年度東京都公立高校入試の国語の問題を使い、指示語を押さえるについて話しました。次回は、2021年度大学入試共通テストの国語の問題を使い、指示語を押さえるについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「お疲れ様でした」

●まとめ
設問に指示語がある時には、指示語をしっかりと押さえる必要がある

逆転英語5

第12講のみでも購入できます。

↑このページのトップヘ