生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

【基礎英語講座:24講】使役動詞を押さえる

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「使役動詞を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、副詞の活用を押さえるについて話しました。副詞の活用は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「副詞の活用は、3種類あった。1つ目は、as副詞の原形asの同格。2つ目は、副詞+erの比較級。3つ目は、副詞+estの最上級

授業をしている講師「そうだよね。同格・比較級・最上級は、どんな時に使うんだったかな

授業を受けている生徒「同格・比較級・最上級は、比較する時に使う

授業をしている講師「そうだよね。形容詞の活用と副詞の活用の例外についても話しました。形容詞の活用と副詞の活用の例外は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「形容詞の活用と副詞の活用の例外は、5種類あった。1つ目は、短母音+子音の時は、短母音+子音+子音er(est)。2つ目は、ーeの時は、ーer(st)。3つ目は、ーyの時は、ーier(est)。4つ目は、3音節以上・aから始まる・ーing・ーly・ーful・ーless・ーous・ーish・ーedの時は、more(most) ー。5つ目は、特殊型

授業をしている講師「そうだよね。特殊型は、主に6種類あった。特殊型は、主に6種類は、何だったかな

授業を受けている生徒「1つ目は、good・better・best。2つ目は、well・better・best。3つ目は、many・more・most。4つ目は、much・more・most。5つ目は、bad・worse・worst。6つ目は、little・less・least

授業をしている講師「そうだよね。例えば、Kaori is the (famous) in her school.の()を正しい形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「Kaori is the (famous) in her school.を見ると、the・in her schoolが使われていると分かる。最上級の文の型は、主語+動詞+the+最上級+~.だった。またfamousは、ーousの型。ーousの型は、more(most) ーだった。なので、正解は、most famous



授業をしている講師「正解。今回は、使役動詞を押さえるについて話します。早速だけど、使役動詞の使役とは、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。分からない」

授業をしている講師「そうだよね。使役動詞の使役とは、他にその事を行わせることを示すことだよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「使役動詞の使役とは何かを押さえずに使役動詞を覚えても問題に正解できない。どうして使役動詞の使役とは何かを押さえずに使役動詞を覚えても問題に正解できないのか分かるかな

授業を受けている生徒「使役動詞の使役とは何かを押さえずに使役動詞を覚えても問題に正解できない理由は、使役動詞として使われている動詞を使役動詞ではないと判断し、問題を解くからかな

授業をしている講師「正解。なので、使役動詞の使役とは、他にその事を行わせることを示すことを押さえることが必要だよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師使役動詞の種類は、何種類あるかな

授業を受けている生徒「使役動詞の種類は、1種類かな」

授業をしている講師「残念ながら、使役動詞の種類は、1種類ではない。使役動詞の種類は、主に4種類ある。1つ目は、強制的なmake。2つ目は、望んでいることを認めるlet。3つ目は、少し当然のことをやってもらったget。4つ目は、当然のことをやってもらうhave

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師使役動詞の文の型は、何種類あるかな

授業を受けている生徒「使役動詞の文の型は、1種類かな」

授業をしている講師「残念ながら、使役動詞の文の型は、1種類ではない。使役動詞の文の型は、2種類ある。1つは、make・let・haveが取る型の主語+使役動詞+目的語+原型不定詞。もう1つは、getが取る型の主語+使役動詞+目的語+to不定詞

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、We got the doctor (come).の()を正しい形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「We got the doctor (come).を見ると、got the doctor (come)と書かれている。使役動詞+目的語+原型不定詞は、使役動詞だった。getが取る型は、主語+使役動詞+目的語+to不定詞。なので、正解は、to come

授業をしている講師「正解。今回は、使役動詞を押さえるについて話しました。次回は、知覚動詞を押さえるについて話します。しっかり復習してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<使役動詞の種類について>
make→強制的

let→望んでいることを認める

get→少し当然のことをやってもらった

have→当然のことをやってもらう

<使役動詞の文の型について>
・make・let・haveが取る型→主語+使役動詞+目的語+原型不定詞

・getが取る型→主語+使役動詞+目的語+to不定詞

受験対策をしている人

【基礎英語講座:23講】副詞の活用を押さえる

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「副詞の活用を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、形容詞の活用を押さえるについて話しました。形容詞の活用は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「形容詞の活用は、3種類あった。1つ目は、as形容詞の原形asの同格。2つ目は、形容詞+erの比較級。3つ目は、形容詞+estの最上級

授業をしている講師「そうだよね。同格・比較級・最上級の文の型は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「同格・比較級・最上級の文の型は、3種類あった。1つ目の同格の文の型は、主語+動詞+as原形as+~.。2つ目の比較級の文の型は、主語+動詞+比較級+than+比較している人・物.。3つ目の最上級の文の型は、主語+動詞+the+最上級+~.

授業をしている講師「そうだよね。例えば、My cat is (small) than your  cat.の()を正しい形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「My cat is (small) than your cat.を見ると、thanが使われていると分かる。比較級の文の型は、主語+動詞+比較級+than+比較している人・物.だった。なので、正解は、smaller



授業をしている講師「正解。今回は、副詞の活用を押さえるについて話します。早速だけど、副詞の活用は、何種類か分かるかな

授業を受けている生徒「副詞の活用も3種類ある」

授業をしている講師「そうだよね。3種類の副詞の活用は、何かな

授業を受けている生徒「1つ目は、as副詞の原形asの同格。2つ目は、副詞+erの比較級。3つ目は、副詞+estの最上級

授業をしている講師「そうだよね。同格・比較級・最上級は、どんな時に使うんだったかな

授業を受けている生徒「同格・比較級・最上級は、比較する時に使う

授業をしている講師「そうだよね。例えば、Jane arrived at the restaurant the (early) of the seven people.の()を正しい形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「Jane arrived at the restaurant the (early) of the seven people.を見ると、the・of the seven peopleが使われていると分かる。最上級の文の型は、主語+動詞+the+最上級+~.だった。なので、正解は、earlyest」

授業をしている講師「考え方は、合っている。形容詞の活用と副詞の活用には、例外がある。形容詞の活用と副詞の活用の例外は、何種類か分かるかな

授業を受けている生徒「形容詞の活用と副詞の活用の例外は、4種類かな」

授業をしている講師「残念ながら、形容詞の活用と副詞の活用の例外は、5種類ある。1つ目は、短母音+子音の時は、短母音+子音+子音er(est)。2つ目は、ーeの時は、ーer(st)。3つ目は、ーyの時は、ーier(est)。4つ目は、3音節以上・aから始まる・ーing・ーly・ーful・ーless・ーous・ーish・ーedの時は、more(most) ー。5つ目は、特殊型だよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師「特殊型は、主に6種類ある。1つ目は、good・better・best。2つ目は、well・better・best。3つ目は、many・more・most。4つ目は、much・more・most。5つ目は、bad・worse・worst。6つ目は、little・less・least

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師例えば、Jane arrived at the restaurant the (early) of the seven people.の()を正しい形にしなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「earlyは、ーy。ーyの時は、ーier(est)にする。なので、正解は、earliest

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、副詞の活用を押さえるについて話しました。次回は、使役動詞を押さえるについて話します。しっかり復習してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<副詞の活用について>
同格→as副詞の原形as

比較級→副詞+er

最上級→副詞+est

<形容詞の活用と副詞の活用の例外について>
・短母音+子音の時→短母音+子音+子音er(est)

・ーeの時→ーer(st)

・ーyの時→ーier(est)

・3音節以上・aから始まる・ーing・ーly・ーful・ーless・ーous・ーish・ーedの時→more(most) ー

特殊型

<形容詞の活用と副詞の活用の特殊型について>
・good→good・better・best

・well→well・better・best

・many→many・more・most

・much→much・more・most

・bad→bad・worse・worst

・little→little・less・least

受験対策をしている人

【基礎英語講座:22講】形容詞の活用を押さえる

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「形容詞の活用を押さえる」について話して行きます。

基礎英語講座

授業をしている講師「前回は、代名詞の活用を押さえるについて話しました。代名詞の活用形は、何種類あったかな

授業を受けている生徒「代名詞の活用形は、5種類あった。1つ目は、主格。2つ目は、所有格。3つ目は、目的格。4つ目は、所有代名詞。5つ目は、再帰代名詞

授業をしている講師「そうだよね。所有格と目的格の見分け方についても話しました。どのように所有格と目的格を見分ければ良かったかな

授業を受けている生徒「所有格は、所有格+名詞の型で使われる。目的格は、目的語として使われる

授業をしている講師「そうだよね。所有格と所有代名詞の見分け方についても話しました。どのように所有格と所有代名詞を見分ければ良かったかな

授業を受けている生徒「所有格は、所有格+名詞の型で使われる

授業をしている講師「そうだよね。例えば、あなた自身を信じろを英作文しなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「あなた自身を信じろを見ると、信じろと書かれている。動詞は、信じろだと分かる。またあなた自身も書かれている。あなた自身は、再帰代名詞。あなたの再帰代名詞は、yourself。なので、正解は、Believe in yourself.



授業をしている講師「正解。今回は、形容詞の活用を押さえるについて話します。早速だけど、形容詞の活用は、何種類か分かるかな

授業を受けている生徒「形容詞の活用は、3種類ある」

授業をしている講師「そうだよね。3種類の形容詞の活用は、何かな

授業を受けている生徒「1つ目は、as形容詞の原形asの同格。2つ目は、形容詞+erの比較級。3つ目は、形容詞+estの最上級

授業をしている講師「そうだよね。同格・比較級・最上級は、どんな時に使うのかな

授業を受けている生徒「同格・比較級・最上級は、比較する時に使う

授業をしている講師「そうだよね。同格・比較級・最上級の文の型は、分かるかな

授業を受けている生徒「分からない」

授業をしている講師「そうだよね。1つ目の同格の文の型は、主語+動詞+as原形as+~.。2つ目の比較級の文の型は、主語+動詞+比較級+than+比較している人・物.。3つ目の最上級の文の型は、主語+動詞+the+最上級+~.だよ

授業を受けている生徒「なるほど」

授業をしている講師例えば、Is he as (tall) as you?の()を必要があれば、正しい形に変えなさいと問題が出題されたとする。正解は、どうかな

授業を受けている生徒「Is he as (tall) as you?を見ると、as原形asの型が使われていると分かる。同格の文の型は、主語+動詞+as原形as+~.だった。なので、正解は、tallのままで良い

授業をしている講師「正解。今回は、形容詞の活用を押さえるについて話しました。次回は、副詞の活用を押さえるについて話します。しっかり復習してね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<形容詞の活用について>
同格→as形容詞の原形as

比較級→形容詞+er

最上級→形容詞+est

<比較の文の型について>
・同格→主語+動詞+as原形as+~.

・比較級→主語+動詞+比較級+than+比較している人・物.

・最上級→主語+動詞+the+最上級+~.

受験対策をしている人