逆転英語ブログ

担当した生徒の成績を【最大30点上げた暗記式ではなく紐づけ式】英文法・英作文・英文読解の基礎講座を無料公開。解法講座をメールマガジンで有料公開。中学3年時2/5の成績→高校入学後4・5/5の成績に逆転→大学時代3年間塾講師のアルバイト。正解の理由を説明できなかった生徒を正解の理由もできる生徒にした講義。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「英単語friends×be動詞の使い分け×5文型を紐づけし学ぶ」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2020年度山形県公立高校入試問題で出題された英文を読み、friendsの意味は分かるかな

【2020年度山形県公立高校入試問題】
I hear you and Ken are good friends.


「今回の英文を見ると、friendsの前にgoodが書かれている。なので、friendsは名詞だと分かる。friendsは、名詞・friendの複数形として使われている」

 「正解。今回の英文で勉強できる英文法は、2つある。今回の英文で勉強できる英文法は、何かな。

「今回の英文で勉強できる英文法の1つは、be動詞の使い分け。もう1つは、5文型かな」

 「正解。どうしてbe動詞の使い分けについて勉強できると思ったかな。

「be動詞の使い分けについて勉強できると思った理由は、英文にyou and Ken areと書かれているから

 「正解。be動詞の現在形には、3つあった。be動詞の現在形の3つは何かな。

「be動詞の現在形のまず1つ目は、私はの時に使うam。2つ目は、あなたは・複数の時に使うare。最後3つ目は、私は・複数以外の時使うisの3つ」

 「正解。どうして今回の英文ではareが使われているの。

「今回の英文でareが使われている理由は、英文の主語がyou and Kenと複数だから

 「正解。どうして5文型を勉強できると思ったのかな。

「5文型を勉強できると思った理由は、英文にyou and Ken are good friendsと書かれていたから

 「なるほど。5文型は、どんな文の形を取るんだったかな。

「5文型のまず第1文型は、主語+動詞. 。第2文型は、主語+動詞+補語.(主語=補語) 。第3文型は、主語+動詞+目的語.。第4文型は、主語+動詞+目的語+目的語.。最後第5文型→主語+動詞+目的語+補語.(目的語=補語)

 「正解。you and Ken are good friendsは、何文型かな。

「you and Ken are good friendsを見ると、you and Kenfriendsと言える。なので、第2文型」

 「正解。ここまで大丈夫かな。

「はい」

 「今回は、英単語friends×be動詞の使い分け×5文型を紐づけし学ぶについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<be動詞の使い分けについて>
・私は→am

・あなたは・複数→are

・私は・複数以外→is

<5文型について>
・第1文型→主語+動詞.

・第2文型→主語+動詞+補語.(主語補語)

・第3文型→主語+動詞+目的語.

・第4文型→主語+動詞+目的語目的語.

・第5文型→主語+動詞+目的語補語.(目的語補語)

friendsについて話している人

▼追伸
自分の学力に合わせ、成績を上げたいあなたへ



▼追伸
最後まで逆転英語紙上講義を受講して頂き、ありがとうございます。

逆転英語紙面講義を持ち運び、スキマ時間に英語の基礎力を身に付けませんか。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「簡単な英語で話す」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、英語で話をする時、どうしているかな。

「英語を話さないといけない時は、中々口から英語が出て来ないかな」

 「どうして英語を話さないといけない時、中々口から英語が出て来ないのかな。

「英語を話さないといけない時、中々口から英語が出て来ない理由は、簡単な英語を話してはいけないと考えてしまうからかな」

 「そうだよね。英語を話さないといけない時、中々口から英語が出て来ない人の殆どの人が、簡単な英語ではなく難しい英語で話をしないと思い込んでいる。少しだけ厳しいことを言うと、簡単な英語ではなく難しい英語で話さないといけないと思い込んでいる人は、言葉を口にすることの目的を理解できていない。言葉を口にする目的は何かな。

「言葉を口にする目的は、自分が考えたり、思っていることを他人に伝えること」

 「そうだよね。言葉を口にする目的が、言葉を口にし、自分が考えたり、思っていることを他人に伝えるということは、話し手が話している内容を聞き手が理解できるように伝えることが必要になって来る。聞き手が、話し手が難しい英語で話しているのは分かる。しかし、聞き手が話し手が何を話しているのか分からなかった場合、話し手は何も話していないのと同じことになる。もっと言ってしまうと、話し手が考えたこと・思ったことを英語で聞き手に伝える時、簡単な英語を使ってはいけないというルールはない」

「確かに話し手が考えたこと・思ったことを英語で聞き手に伝える時、簡単な英語を使ってはいけないというルールはない」

 「なので、あなたが考えたこと・思ったことを英語で他人に伝える場合、難しい英語ではなく簡単な英語で話ても問題はない。あなたが簡単な英語であなたが考えたこと・思ったことを他人に伝えることであなたの話を聞いている他人もあなたの話の内容を理解しやすくなる

「確かに難しく説明されるよりも簡単に説明された方が、理解しやすい」

 「あなたが英語で他人に話すことで、他人もあなたに英語で話返して来ることがある。他人もあなたに英語で話返して来た時には、あなたは他人に英語で話返すことで、あなたが時間・場所を選ばずにリスニングの勉強もすることができる。あなたが英語を話す機会がない場合には、家族と話をする時、英語で話せることについては日本語ではなく、英語で話すようにすることだけでも、あなたの英語を話すことに対するコンプレックスは無くなって行く

「なるほど」

 「あなたが英語を話しをする時に、他人にも話している内容が伝わりやすくするために簡単な英語を使うことで、英作文の問題を解く時にもあなたは部分点が付く解答をすることができるようになる。なので、あなたは簡単な英語で話すことが大切なんだよ」

「はい」

 「今回は、簡単な英語で話すについて話しました。お疲れ様でした」

「お疲れ様でした」

●まとめ
・話し手が考えたこと・思ったことを英語で聞き手に伝える時、簡単な英語を使ってはいけないというルールはない

・他人もあなたに英語で話返して来た時には、あなたは他人に英語で話返すことで、あなたが時間・場所を選ばずにリスニングの勉強もすることができる

あなたが英語を話しをする時に、他人にも話している内容が伝わりやすくするために簡単な英語を使うことで、英作文の問題を解く時にもあなたは部分点が付く解答をすることができるようになる

簡単な英語で話すについて話している人

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「関係代名詞の英文の文構造を押さえる」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

 「早速だけど、2021年度和歌山県公立高校入試に出題された英文を読み、who以下の文構造を考えてくれるかな

【2021年度和歌山県公立高校入試】
It shows the number of peple who lived in foreign countries in 1927.


「英文を見ると、whoがある。なので、関係代名詞を意識しながら文構造を考えて行かないといけないと分かる。in foreign countriesは、livedについて説明している。who以下の文は、主語+動詞になっている」

 「正解。つまり、who以下の文構造は、主語+動詞になっている。折角なので、関係代名詞の文の形について質問するね。関係代名詞の文の形には、2つあったよね。関係代名詞の2つの文の形は、どんな文の形だったかな。

「関係代名詞の2つの文の形の1つは、主語+動詞+A.A+動詞+~.の時には、主語+動詞+A+関係代名詞+動詞+~.。もう1つは、主語+動詞+A.主語+動詞+A.の時には、主語+動詞+A+関係代名詞+主語+動詞+~.の2つの文の形」

 「正解。今回の英文では、どちらの関係代名詞の文の形かな。

「今回の英文では、1つ目の文の形」

 「正解。今回は、関係代名詞の英文の文構造を押さえるについて話しました。しっかりと復習しておいてね。お疲れ様でした」

「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<今回の英文のwho以下の文構造について>
主語+動詞.

関係代名詞の英文の文構造について話している人

▼追伸
英文法だけではなく、英文の文構造も押さえ、難関大学に合格したいあなたへ

↑このページのトップヘ