生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

【スピーキング対策講座:6講】スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語で1文を話した後、どうしているかな」

授業を受けている生徒「英語で1文を話した後、何もしていない」

授業をしている講師「そうだよね。殆どの人が授業を受けている生徒のように英語で1文を話した後、何もしていない。あなたがただその場限りの会話を友達とできれば良いと考えている場合には、何も言うことはない。しかし、あなたが英語のスピーキングの勉強をしている場合には、言わないといけないことがある。あなたが英語のスピーキングの勉強をしている場合には、言わないといけないことは、英語で1文を話した後、何もしないとスピーキング力は身に付かないということ

授業を受けている生徒「え。スピーキング力を身に付けるには、どうすれば良いの」

授業をしている講師「スピーキング力を身に付けるには、英語で1文を話した後、英語で話した1文が正しいかどうかを英文法の基礎で確認することが必要になる。英語で1文を話した後、英語で話した1文が正しいかどうかを英文法の基礎で確認することで、あなたが話した英語の何処が間違っていたのかを把握し、知識を修正することができる。知識を修正することで、何が起きるかな」

授業を受けている生徒「知識を修正することで、英語で話しをする時、できるだけ正しい英文法を使えるようになる」

授業をしている講師「そうだよね。英語で話しをする時、できるだけ正しい英文法を使えるようになることで、スピーキング以外に2つの勉強ができるんだけど、何か分かるかな

授業を受けている生徒「うーん。もしかして、英文法と英作文かな」

授業をしている講師「正解。なので、あなたがスピーキングの勉強をする時には、スピーキング・リスニング・英文法・英作文を切り離して勉強せずに、関連を持たせて勉強してね

授業を受けている生徒「はい。でも英語を1文しか話さない時ばかりではないよね。英語を1文以上話さないといけない場合、どうすれば良いの」

授業をしている講師「英語を1文以上話さないといけない場合にあなたに意識して欲しいことについて次回話をする。今回は、スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することですについて話しました。あなたが英語を話しっぱなしにしている場合には、今すぐに英文法の基礎を確認してね。次回は、スピーキング対策のコツは、接続詞を意識しながら話すことですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
・英語で1文を話した後、何もしないとスピーキング力は身に付かない

・英語で1文を話した後、英語で話した1文が正しいかどうかを英文法の基礎で確認することで、あなたが話した英語の何処が間違っていたのかを把握し、知識を修正することができる

・スピーキング・リスニング・英文法・英作文を切り離して勉強せずに、関連を持たせて勉強する

逆転英語5

【青山学院大付属内部進学対策】あなたは、内部進学の傾向に対応した対策をしていますか

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

受験対策を話している人

 あなたは、付属校に通っていますか。

 あなたは、どうして付属校に通うことにしたんですか。

 あなたは、「付属校は、エスカレーターで進級できるからです」と思っていますよね。

 残念ながら、あなたは付属校の進級について何も分かっていません。

 あなたが、このまま付属校の進級について何も分からないまま学校に通い、赤点を取らなかったとしても内部進学できません。

 あなたは、「もう受験はしなくて良いと思ったので、付属校に進学したんです」と思っていますよね。

 あなたが内部進学は基準をクリアしていない場合、あなたには、外部受験をするという1つの選択肢しかありません。

 あなたは、「内部進学に基準があるなんて知りませんでした」と思っていますよね。

 あなたは、「内部進学に基準があることを知っていたら、他の学校に進学していました」と思っていますよね。

 だからあなたは、今、内部進学ができるのか不安になっています。

千葉県公立高校入試過去問を解説している人

 あなたは、学校に友達はいますか。

 あなたは、「学校に友達はいます」と思っていますよね。

 友達は、あなたに内部進学と外部受験のどっちを考えていると話していますか。

 あなたは、「内部進学を考えていると話していました」と思っていますよね。

 あなた
にとって、友達は、どんな存在ですか。

 あなたは、「これから先も関わっていたいです」と思っていますよね。

 あなたが、内部進学を考えている友達とこれから先も関わるには、どうすれば良いか分かりますか。

 あなたが内部進学を考えている友達とこれから先も関わる方法は、2つあります。

 1つは、あなたが内部進学を考えている友達を説得し、友達にも外部受験をして貰う方法です。

 もう1つは、あなたが今から内部進学対策を始め、内部進学の基準をクリアする方法です。


 あなたは、どっちの方法を取るのかを今、決めて下さい。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

 あなたは、「外部受験をして貰う方法は、友達の人生まで変えてしまう」と思っていますよね。

 あなたが、「外部受験をして貰う方法は、友達の人生まで変えてしまう」と思っているのあれば、あなたがすることは決まっています。

 あなたがすることは、今から内部進学対策を始め、内部進学の基準をクリアすることです。

 あなたは、何処の付属校に通っていますか。

 私は、あなたを青山学院大付属校へ内部進学させることだけを考えている個別指導塾を知っています。

 あなたを青山学院大付属校へ内部進学させることだけを考えている個別指導塾は、トップエデュです。

 トップエデュは、傾向に対応した対策をしています。

 トップエデュは、あなたの弱点を把握したうえで本番に向けた適切な指導をします。

 あなたが「絶対に青山学院大付属校へ内部進学します」と思っている場合、トップエデュの内部進学コースで指導を受けることをおすすめします。



基礎英語講座

【スピーキング対策講座:5講】スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことです

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことです」について話して行きます。

逆転英語スピーキング・リスニング対策

授業をしている講師「早速だけど、英語を話す時、どうしているかな

授業を受けている生徒「英語を話す時、日本語を話す時と同じように1文以上で話そうとする」

授業をしている講師「そうだよね。英語を話す時、1文以上で話そうと思うことで、何が起きるかな

授業を受けている生徒「英語を話す時、1文以上で話そうとすることで、無意識の間に「え。英文法はこれで良いのかな」「本当は●と言いたいけど、英語が分からないから▲でいいや」と思うかな」

授業をしている講師「そうだよね。スピーキングの勉強を始めたばかりの人が、英語を話す時、日本語を話す時と同じように1文以上で話そうとすることで、授業を受けている生徒のように無意識の間に「え。英文法はこれで良いのかな」「本当は●と言いたいけど、英語が分からないから▲でいいや」と思い、最悪、英語を話すことが嫌になってしまう。しかし、スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけルールを決めることで、英語を話すことが嫌にならない」

授業を受けている生徒「スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけ決めるルールとは、何かな」

授業をしている講師「スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけ決めるルールは、英語を話す時には、1文で話すというルールだよ。予め英語を話す時には、1文で話すというルールを決めておくことで、1文を英語で話した後、直ぐに英語を話さないといけないという焦りを感じることがなくなる。なので、英語を話す時には、1文で話すというルールを決めることでスピーキング力が身に付いて行く

授業を受けている生徒「確かに英語を話す時には、1文だけ話せば良いとルールを決めておくことで、文を英語で話した後、直ぐに英語を話さないといけないという焦りを感じることがなくなり、落ち着いて英語を話すことができる」

授業をしている講師「今回は、スピーキング対策のコツは、あなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話すことですについて話しました。今からあなたが見たこと・思ったことを1文の英語で話してね。次回は、スピーキング対策のコツは、英語で話した1文の英文法の基礎を確認することですについて話します。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
スピーキングの勉強を始める時、これまでスピーキングの勉強をしたことがない自分自身に1つだけ決めるルールは、英語を話す時には、1文で話すというルール

逆転英語5