生徒の成績を最大30点上げたオンライン講師の逆転英語ブログ

生徒の成績を最大30点上げた経験があるので、【完全返金保証】。「授業が分からない」「過去問の解説が分からない」あなたでも英語の知識を積み上げ、「授業が分かる」「過去問が解ける」あなたに。講義は何度でも受け直すことができます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「受動態」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は現在進行形の否定文について話しをしました。現在進行形の否定文は、どうすれば良かった

授業を受けている生徒「現在進行形の否定文も、文の中にbe動詞がないかを探します。be動詞があった場合には、be動詞の後ろにnotを入れるだけです

 ▼関連記事です



授業をしている講師「正解。それでは、I play soccer.を現在進行形にし、疑問文、否定文にするとどうなるかな

授業を受けている生徒「いきなり凄いボリュームですね。現在進行形は、be動詞を入れ、動詞にingを付ければ良かった。なので、I am playing soccer.になる。現在進行形の疑問文は、文の中にbe動詞はないかを探し、be動詞があった場合には、文頭にbe動詞を持って来て、文末に?を付ければ良かった。なので、Am I playing soccer?になる。現在進行形の疑問文に対する答えは、be動詞で聞かれているので、be動詞で答えないといけない。なので、Yes,you are. No,you aren't.になる。現在進行形の否定文は、I'm not playing socccer.になる」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「しっかり復習しているね。それでは今回は、受動態について話すことにするね。日本語で受動態を考えると、私はあなたにふられたのように主語を中心に考え、~されたで表す。英語では、どうなるのか。英語では、主語+be動詞+動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.になる。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師I play soccer.を受動態にすると、どうなるかな。行為をした人は彼で。playの過去分詞はplayed

授業を受けている生徒「受動態は、be動詞を使うので、主語を見るとIだからbe動詞は、amを使う。行為をした人が彼だから彼によってと考えることになるから、himを使うことになる。ということは、I am played soccer by him.になるのかな

授業をしている講師「正解。動詞の過去分詞は基本、動詞にedを付けることになる。しかし、動詞の過去分詞には例外がある。辞書の巻末に掲載されている動詞は押さえておいてね

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、受動態の肯定文について話をしました。次回は、受動態の疑問文について話すことにするね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「受動態の疑問文の作り方について大体、イメージは付いた。お疲れ様でした」

●まとめ
<受動態の肯定文について>
現在形 主語+動詞+~.

受動態→主語+be動詞動詞の過去分詞+~+by行為をした人・もの.

逆転英語5

▼▼▼関連記事です







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「現在進行形の否定文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は現在進行形の疑問文について話しました。現在進行形の疑問文は、どのようにすれば良かったかな

授業を受けている生徒「現在進行形の疑問文は、be動詞を文頭に持って行き、文末に?を付けてあげる。be動詞で質問されているので、be動詞で答えて上げる。なので、Yes,主語+be動詞.No,主語+be動詞+not.になる」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言う通りだね。それでは、He is speaking English.を疑問文にしてみてくれるかな

授業を受けている生徒be動詞がisなので、Is he speaking English?になる

授業をしている講師「正解。それでは質問に答えてみてくれるかな

授業を受けている生徒be動詞で聞かれているので、be動詞で答えてあげる。なので、Yes,he is.No,he isn't.になる

授業をしている講師「正解。ここまで大丈夫かな」

授業を受けている生徒「はい。現在進行形は、be動詞に似ているので、理解しやすいです」

 ▼関連記事です



授業をしている講師「今回は、現在進行形の否定文について話します。否定文と聞いて何かイメージできないかな

授業を受けている生徒「うーん。もしかして、be動詞の否定文と同じようにbe動詞の後ろにnotを入れてあげるのかな

授業をしている講師授業を受けている生徒が言う通り、現在進行形の否定文もbe動詞の否定文と同じようにbe動詞の後ろにnotを入れてあげる。つまり、主語+be動詞+not+動詞ing+~.ということになる。さっきのHe is speaking English.を否定文にすると、どうなるかな

 ▼関連記事です



授業を受けている生徒be動詞は、isだよね。現在進行形の否定文もbe動詞の後ろにnotを入れてあげれば良かったので、He isn't speaking English.になるのかな

授業をしている講師「正解。まずはbe動詞を探し、be動詞があった場合には、be動詞の後ろにnotを入れてあげる。今回は、現在進行形の否定文について話しました。次回は、受動態について話すことにするね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。頑張ります。お疲れ様でした」

●まとめ
<現在進行形の否定文について>
肯定文 主語+be動詞+動詞ing+~.

否定文→主語+be動詞+not+動詞ing+~.

逆転英語5

▼▼▼関連記事です







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。

 こんにちは。

 「逆転英語ブログ」運営者、しんです。

 私は、大学時代3年間一斉授業・個別指導授業を担当し、担当した生徒の成績を最大30点あげた実績があります。

 私は大学3年の時、1か月間ベルリン(ドイツ)にあるゲーテインスティテュートにドイツ語の語学研修に行った経験もあります。

 今回は、「現在進行形の疑問文」について話して行きます。

逆転英語ブログ1

授業をしている講師
「早速だけど、前回は現在進行形の肯定文について話しをしました。現在進行形にするには、どうすれば良かったかな

授業を受けている生徒「現在進行形にするには、主語+be動詞+動詞ing+~.にすれば良かったです」

授業をしている講師授業を受けている生徒が言う通りだね。それでは、She gets up early.を現在進行形にしてみて

授業を受けている生徒「現在進行形にするには、be動詞を使う。主語を見るとsheだからisを使うことになる。現在進行形にするには、動詞にingを付ける必要なのでgetにingを付けて、getingになる。つまり、She is geting up early.かな」

授業をしている講師「ほしいね。getをもう一度見てみて。何か気が付くことがないかな

授業を受けている生徒「あ。母音+子音だ。ということは、gettingになる。つまり、She is getting up early.ということかな

授業をしている講師「正解。現在進行形にする時、遂、be動詞と動詞にingを付けることに気を取られてしまうけど、動詞もしっかりと確認するようにしよう

 ▼関連記事です



授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、現在進行形の疑問文について話すね。現在進行形を見て、疑問文にする時にことをイメージできないかな

 ▼関連記事です



授業を受けている生徒「もしかして、現在進行形もbe動詞を使っているので、be動詞を文頭に持って来て、?を付けるということかな」

授業をしている講師「その通り。現在進行形の疑問文は、Be動詞+主語+動詞ing+~?になる。つまり、まずはbe動詞がないかを確認してあげ、be動詞がある時には、be動詞を優先的に考えてあげることでミスをなくすことができる。それでは、She is getting up early.を疑問文にすると、どうなるかな

授業を受けている生徒be動詞があるので、Is she getting up early?になるのかな

授業をしている講師「その通り。それでは、疑問文には、どう答えれば良いと思うかな

授業を受けている生徒be動詞で質問している疑問文なので、be動詞を使って答えてあげる。つまり、Yes,she is.No, she isn't.になるのかな

授業をしている講師「その通り。ここで、be動詞の疑問文の作り方で教えたことが生きて来るんだよ

授業を受けている生徒「はい」

授業をしている講師「今回は、現在進行形の疑問文について話しました。次回は、現在進行形の否定文について話すね。be動詞の否定文について復習しておいてね。お疲れ様でした」

授業を受けている生徒「はい。お疲れ様でした」

●まとめ
<現在進行形の疑問文について>
肯定文 主語+be動詞+動詞ing+~.

疑問文→Be動詞+主語+動詞ing+~?

・はい→Yes,主語+be動詞.

・いいえ→No,主語+be動詞not.

逆転英語5

▼▼▼関連記事です







▼毎週火曜日12時30分に英語講義が無料で届きます

メルマガ購読・解除 ID: 1694002
逆転英語基礎講座メールマガジン
   
powered by まぐまぐトップページへ

動画でも学習できます。


↑このページのトップヘ